サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. miyagi ayaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

miyagi ayaさんのレビュー一覧

投稿者:miyagi aya

12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本ひそやかな情熱

2001/10/20 15:22

意地っ張り同士の密やかな恋愛。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ヤクザに囲われていた美貌の青年、佳人をリスクを承知で思わず引き取ってしまった遥。冷たい突き放した言動の遥の気まぐれな優しさに困惑する佳人。どちらもいい大人で落着いた性格をしているのに、お互いに関してだけはなぜかしっくりいかない。ときおり心が通じ合ったように感じては、その後すぐにまた相手の素直じゃない言動に戸惑い、その気持ちが読めなくなる。素直に好きだと口に出来ないために、そんなすれ違いを延々と繰り返している二人がとても愛しいです。
 濃い感じの設定に反してドロドロした展開にはならず、落ち着いた印象が強いのも嬉しい。本編の後に収録されている短編も読んだ後じわりと温かさが残り、とても良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Game over

2001/10/20 22:17

嘘を乗り越えて。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 秘書であると同時に身体の関係も強制されている上司、入瀬川の命令で彼と犬猿の仲のライバル、御園生に取り入って情報を取ってくるよう脅迫された若菜は、何度も御園生に会ううちに彼の穏やかな優しさに惹かれるようになる。しかし偽っていたはずの身分は御園生に筒抜けで、それどころか入瀬川の会社はスキャンダルを報道され…。
 御園生と若菜がお互いに嘘をつきつつも相手に惹かれていく前半も良かったですが、相手の嘘に傷つけられた若菜と、自分の気持ちを持て余した御園生がお互いの気持ちに素直になるまでのじれったさが丁寧に描かれていました。入瀬川の本音がちらりと垣間見られる番外編も良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Go west!

2001/09/22 20:38

ワイルド。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 かなり突飛な設定だけど、最初から最後まで登場人物の心情や作業の進み具合などが丁寧に書かれていて不自然さがなかったです。第一、変な言い方だけど外国人がちゃんと外国人に見える(笑)金髪碧眼だけど中身はどうしたって日本人にしか見えない、言葉遣いもカタカナが多いだけで日本語だった…なんてこともなく、生活習慣や考え方などがしっくり落ち着いてました。
 そしてアメリカで育ったために日本の学校や友達になじめないでいる主人公の春央が精神的にとてもタフ。彼がアメリカからやって来たアレックスや仲間たちのアドバイスを受け入れ自分の傷を克服し、成長する様子がとても前向きでした。全体的にぱりっとした印象で、軽すぎもせず重すぎもせず、それなりに読後感もあって良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スマッシュプリンス

2001/09/18 20:35

シリアス多めのテニスの王子様アンソロジー。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 テニスの王子様のアンソロジー。こうした本にしては珍しく、コメディタッチのお話よりもほのぼの&シリアス系が多く入っています。
 特に最後の手塚と不二のお話はページ数も多くて読み応えあり。思わず続きを探してしまいました。オススメ(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ギャグ中心のパロディ集。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 21人分の短編漫画が入ったテニスの王子様アンソロジー。青学メインのオールキャラでギャグっぽいお話が多いです。
 時々混じっているほのぼの系の漫画もカワイイ感じ。そして一人妄想に走る赤澤がいい味出してました…(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本とらわれの森で

2001/10/22 00:14

少しずつ相手に惹かれていく。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 あらすじからなんとなく痛い話を想像していましたが、実は結構ほのぼの(?)したお話だった気がします。「あなたを買い取ります」なんて恐ろしいことを言っているわりには主人公に優しい藍川と、そんな行動に出る藍川のことが嫌いなような好きなような…ともやもやする主人公のお話。
 そんなに本編に絡んでくるわけでもない脇役キャラが、みんな生き生きとしていてちょっと面白い感じでした(しかし最後にやらかしてくれちゃったアレはどうも…)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本TELして愛してHして!

2001/10/20 15:36

気づけばはまってしまってる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 車の修理のローンが残っている主人公は、高額な時給につられて男性専用のテレクラの“サクラ”のアルバイトを始める。男相手の水商売のような仕事に最初は困惑するものの、カッコイイ社長に煽られるうちにだんだんその世界にはまってしまい…という、内容。
 話の筋自体は素人が読んでも結構ぼろが出ているというか「それはないと思う…」なんて突っ込みを入れることもしばしば。個人的に面白かったのは大学と会社で全くの別人のように格好を使い分けている社長が、主人公のピンチにダサダサの格好のまんまで赤いスポーツカーを走らせてきたくだりでしょうか。普段はパリッと決めている人がたまにそういう失敗をやらかしたのがすごくカワイイというか、好感持てました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シグナル

2001/06/19 12:37

納得いかない…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 好きだと告白されて世間体を気にして否定した相手に事故で死なれてしまった先生。彼はそのことをいつまでもトラウマとして引きずっているのですが、その人がどうしてお金まで出して男を買っているの?という疑問は大きい。しかも相手は自分の教え子…オイオイと思ってしまいます。
 また学校の担任から平気でそれだけの金額を受け取れる主人公も謎。先生の死んでしまった級友というのも通り一遍な雰囲気で重さがあまり感じられませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本みんなでお茶を

2001/06/19 12:34

前半と後半のギャップが大きい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 時々とんでもない馬鹿っぷりに大笑いさせられることがあるけれど(生徒会コンビの登場シーンとか…)、全体を見まわせばそれほど軽い話という訳でもなく適度にシリアス。
 主人公もそれなりに美形で好感を持てるキャラクターだったものの、後半彼の過去が明かされてびっくり。そんなに重い過去を背負っていたのか…というよりも、それまでの言動のどこにもそんな過去があるようには見えなかったのですが。(男たちに××されたことがあるのに、いくら校内とはいえタオル一枚で歩き回って平気なのか?とか)
 前半の「怪我してるけど君のために頑張ってマラソンで優勝するよハニーv」な展開もどうかとは思うけど、それをやった後であんなに重い過去を持ち出されてもそのギャップに苦しみます。なんだかなぁ。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スーパー・モンキー

2001/06/19 12:31

どうも後味悪いような。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 1冊目はその奇抜な設定と物語の謎で十分楽しめたけれど、続編となるとそうはいかなかった。。。
 どことなくただ悪いだけの存在ではないと匂わせておいた金角銀角を、何のフォローもなく(この兄弟はちゃんとお互いの気持ちを分からせたら特に力なんて必要としなくなったかもしれないのに)ばっさり退治しておしまいな所とか、どうも後味悪いです。
 それから三蔵についての記述があまりにも耽美っぽくてどうやらすごい美少年らしいけれど、イメージ的にはただの悪ガキなのでどうも違和感が残る。この小説の雰囲気としては全体的にギャグっぽいノリなので、あまりそのバランスを崩して耽美に走るのはどうかな…と思いました。
 あ、話の流れとはいえあのいかがわしい(笑)養父が登場しなかったことは残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一目惚れに乾杯

2001/09/22 20:57

酔っ払いの言動をどこまで許せる?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 とにかくこのお話は主人公がしょうもない。自分を好きだと言っている上司に酔っ払うたびにキスをして、「10回目にはHもOKv」なんて言っちゃうあたりからしてナンですが、まあこのくらいなら他の小説でもない訳でもありません。が。彼はその上、次の日正気に戻って上司の顔が見られなくなり、仕事投げて早退するわ、電話して上司が出たらいやだからと無断欠勤するわ。あげくその晩また飲みに出掛けて心配して様子を見に来た上司と鉢合わせしてしまったり。なぜ誰も「ふざけんな!!」と言わないのかがホント不思議。
 「チーフを口説こうとしている人は嫌いです」「僕は(女の人を口説いても)いいんです。酔っ払いだから」「へええ、そんなにチーフのことが好きだったんですか。僕という恋人が現われて、それでやっと焦って告白する気になったんですか。へえー。戸崎さんってなんか、クスクス」なんて言ってるし!? 
 この主人公、若者に絡まれればゲロゲロ吐くし(笑)、人の言うことなんか聞いちゃいないし、こういう男を許容している社員達も、さらに「好きだ」と言ってしまえる上司のことも、かなり謎。
 上司については別に悪い人じゃなさそうですが、その心の広さに打たれるというよりもう趣味の悪さに脱帽。彼はあの主人公を許せるんだから他のどの人間とだって上手くやれるに違いないと思うのだけど…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本愛しすぎて遠い瞳 2

2001/09/22 20:48

何か違う。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 一巻でさんざん盛り上げて引っ張ってその結果がこれ?と思ってしまいました。不誠実な恋人を見限るかと思われた主人公は結局思いとどまり、恋人の妻にいじめられた、その妻に子供が生まれそうだと言ってはいちいち動揺して一人で落ち込みまくり、相手の大堂の方とていつもいつもそれ以外言うことはないのか!というくらい「あなたを愛しています」だけを繰り返して具体的なことは何もしない。
 あげく子供が生まれた途端に主人公はその子が急に愛しくなって、「この子を産んでくれてありがとう」なんて先行きのない病気の妻に告げるのだから、彼女だっていいかげん冗談じゃないと思うでしょう。夫である大堂には主人公におかしな真似したら殺すとまで言われてるし、全く同情してしまいます。
 そしてその後どうなるのかと思っていれば、うーん。妙に明るく開けた終わり方になったのが、イメージと合わないのかも。私はもっと鬱々とした後を引く終わり方でもよかったと思うのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示