サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. てるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

てるさんのレビュー一覧

投稿者:てる

1 件中 1 件~ 1 件を表示

小さな地球の守り方

2005/04/12 00:35

今、ぜひ読んでもらいたい1冊です。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これ、ぜひ読んでもらいたい、できるだけ多くの人に。
いま、地球が、そして私達の食べ物が、身体がどうなってきているか、ほんと、読んでいて恐ろしくなるぐらい分析されています。
筆者は、英国の在住なのでしょうか、英国に関する記載が結構詳細ですが、視点は英国にとどまることなく、地球に向けられています。日本のことについても述べられている個所もあります。
また、この本の恐ろしいところは、いわゆる環境保護本とはちがい、経済にまで言及しているところなのです。地球の破壊問題は、実は経済問題とおおいに関係しているのだということを明確に示しています。そして、その元凶となる通貨制度、そんな中でアメリカはドルで世界を支配しようとしていること・・・
そして、地球にはびこる不公平の嵐。富めるものは、苦しむものからさらに搾取しようとする。そして、地球を壊す・・・
しかし、否定的なことばかりではありません。新しいマネーシステムの構築や、小さな国の環境保護政策の成功。そんなところまで言及されています。
人類はこんなに悪いことを地球に対して行ってきたのかという後悔の念とともに、これからこうしていけば、何とかできるのではないかと言う期待させるところも述べています。とはいってもやはり、これから実行していくのは我々人類であり、次世代を担う若者なのです。我々、そして彼ら次第で地球は生物の存在しない死の星になることも、青い生命いっぱいの宇宙で輝く星になることも可能なのだなと思いました。
この本のなかに、少しでも自分がかかわれるところがあれば、ぜひ行動を起こしてみてください。一人ひとりは本当に小さな力でしかないかもしれませんが、少しでも多くの人が「思い」をもつことで地球は救われるのかもしれない。どうしてって、地球はできてからずっとその意志で変わってきているのだから・・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示