サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 旗幟 さんのレビュー一覧

旗幟 さんのレビュー一覧

投稿者:旗幟 

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本みんないってしまう

2002/02/13 18:42

喪失感と、それから

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 色んなものの喪失を書いていて、読んでいて何か「くる」ものがある小説でした。
 これは何もロマンチックなお話ではありません。身も蓋もない真摯さで書かれている感じで、ここでは恋愛も確かにあるけど、それは素敵とか何とかいうより、剥き出しの人間がかっこ悪い姿で一回一回、死にものぐるいでチャレンジしていく、そういうものです。
 その途中で、プライドとか優等生的な自分とか、色んなものを捨てていく。出来事は目の前にあればそれが全部に見えるけど、後に主人公の心に遺るのは、「それを捨てた」という事実の方でしょう。捨ててしまった後に残るのは、喪失感と、それから…

 きっと生きていくということは、そういうことなんでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千葉周作不敗の剣

2002/02/09 14:14

タイトルからもわかる通り

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 千葉周作が勝って勝って勝ちまくる話なのですが、勝つ相手は人間なので、負かせば恨みを持ち、闇討ちをかけられることも多い。そんな中で死なずに危ない局面を数限りなく抜けてきた千葉周作の達人ぶりと、勝ち続けることがどれだけ大変かがわかります。
 千葉周作の世渡りの才能や、「侍のメンツ」的な一時の感情に流されない冷静さからも、学べるところがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示