サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まねきネコさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

まねきネコさんのレビュー一覧

投稿者:まねきネコ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

面白かったし、文学史の勉強にもなった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「菊池寛という人は『真珠夫人』の原作者」、くらいの知識しかなかったのだけれど、この本を読んで文藝春秋の生みの親であったことを知りました。それだけでなく、この小説の舞台になった昭和初期には大ベストセラー作家。女性秘書と文藝春秋につとめていた馬海松(まかいしょう)という朝鮮半島出身の美しい青年が、菊池寛という人物の謎を解き明かしていきます。菊池寛ってすごい人だったのですよ。ある意味、夏目漱石以上と言っていいかもしれない。なぜそう言えるのか——それはこの本の後半でわかりますよ! 女性秘書は松浦亜弥、菊池寛は西田敏行、そして馬海松は「冬のソナタ」のぺ・ヨンジュンに見立てて読むことをお奨めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示