サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 朝松 健さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

朝松 健さんのレビュー一覧

投稿者:朝松 健

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本夜の果ての街 上

2002/06/13 12:52

著者コメント

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 我々は絶えず「ゆらぎ」の中で生きている。
 主観と客観、個と全、希望と絶望、生と死……夢と現実。
 相反する存在の間で常にゆらぎ続けているのだ。
 本作品で私は、この「ゆらぎ」を世界に対する懐疑にまで拡大してみた。今こうしている世界は一秒前と同じ世界なのか。私の属する世界は、貴方のそれと寸分変わらぬものなのか。本作で世界は第一行目からゆらいでいる。そして、この「ゆらぎ」を生じせしめている原因を作者は「欲望」と「魔術」に求めたのである。作品で演じられる全ての犯罪は「欲望」の象徴である。そして、主人公と世界の「ゆらぎ」と変容こそは「魔術」の象徴なのである。以って本作品を「P.K.ディックとエド・マクベインとアレイスター・クロウリーの融合体」と呼び、「ホラー・ノワール」と称する所以である。
 さらに今回の文庫版において作者は密かに「ゆらぎ」を仕掛けておいた。下巻の最終章のほとんどラストの部分。地の文の一箇所に「それ」はある。どうしてそれが「ゆらぎ」なのかは全篇を読んでみなければ分かるまい。もし、本書を読了後、貴方が「ゆらぎ」を覚えたら、それこそ私の魔術にはまった証拠、その瞬間から貴方の世界も絶えざる変容を開始するであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示