サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Nekomataさんのレビュー一覧

Nekomataさんのレビュー一覧

投稿者:Nekomata

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本黒塚

2003/03/24 22:28

能、手塚治虫、吸血鬼の絶妙なカクテル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

トビラには、ルカ伝福音の一節が記載されていて、これが本編とどう関連するのか?

最初の場面が義経と弁慶の逃避行で、どうも義経が主人公らしいと思ったが、
時代が進んで東京が空襲されているらしところで主人公の記憶が曖昧なこと、
いつの時代も何者かに狩られていることが分かる。
そして、大災害の後の千年後には主人公は、とうとう黒蜜と離ればなれとなり、物語は再び動き出す。

主人公たちを千年もの間追い続ける者はいったい何者で、その目的は何なのか?
主人公と黒蜜は再会できるのか?
そして義経としての記憶は戻るのか?

一応吸血鬼物の様だが、食料としての吸血ではなく超人的な体力、治癒能力が衰えてきたときに維持、
回復するために時々行うらしい。

能の「黒塚」、手塚治虫の「安達が原」に吸血鬼が加わって、渾然となった絶妙な物語。

ルカ伝福音は黒蜜を変身させた吸血鬼が、映画「ドラキュリア」の吸血鬼の正体と同じだからか…

弁慶は最終的に立ち往生してしまったし、義経と黒蜜はどこへ向かうのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

表紙のセンスは…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公は、たぶん最後の一人の吸血鬼で、外見は二十歳代前半の美女だが齢400歳の紅鈴。

職業は風俗嬢、職場でお客から少しずつ血を吸って飢えをしのぎつつ
世間とはかかわらない様に生活していたが、
死んでしまった恋人(彼氏も吸血鬼だった)に似ている人間を助けたことから物語が流れていく。

読んでいて、主人公の紅鈴が、英国幻想文学賞/ブラム・ストーカー賞受賞
のナンシー・A・コリンズ「ミッドナイト・ブルー」のソーニャ・ブルーに
似ているように思えたが、ルーツはこれなのかな?
両方ともはぐれ吸血鬼で、美人だし…

本書の内容はおいといて、表紙絵のセンスは「ミッドナイト・ブルー」の方が数段上だと思った。
最初に目にするのが表紙だから、表紙絵のセンスが良ければもっと早く買っていたんだけれどもね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示