サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 絢子 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

絢子 さんのレビュー一覧

投稿者:絢子 

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本トンカツの丸かじり

2002/03/25 00:14

日本は美味しい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現在私はイギリスに暮らしている。日本食を食べる機会にあまり恵まれない。日本を離れている人には禁断の書である。
 お餅にスルメに冷奴。あれも食べたいこれも食べたい。
 私は文字通り生唾を飲みこみながらこの本を読み終えた。イラストがまた、良い。洒落た日本の味というより、日本の庶民の味が描かれているようで、これがまた食欲をそそる。
 どのエッセイもとにかく面白く、吹き出さずにはいられないものばかりだが、その中でも「出前出発の真実」が一番好きだ。出前を頼んでからの、家族の心の内を実に丹念に追う。出前に家族一同胸躍らせていたあの頃。ああ、懐かしい。今はコンビニのほうが主流だろうか。
 ナンシー関の解説も、彼女のテレビエッセイ同様、独特の着眼点でつぼを得ている。さすがだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

普通の生活

2002/03/25 00:39

映画を見ているよう。なんか切ない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 エッセイ集といっていいのかなあ。「作り話の1つもない掌編30話」とあります。
 いろいろな国を舞台に、まるで映画のような洒落た会話があり、不思議な結末があり、切ない感動があります。
 どの話も映像となって迫ってきます。挿入されている写真も色がついていないのに、勝手にその色が見えてくるような気がするのはなぜでしょう。
 景山民夫、彼の作品を読み始めたのは彼がこの世からいなくなってしまってからでした。でも、この本を読むにつけ、リアルタイムでもっともっと知りたかったなと思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示