サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. jyarumamaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

jyarumamaさんのレビュー一覧

投稿者:jyarumama

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本きりかぶのともだち

2003/11/24 23:42

なかよしのしょうこ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大きな木だったときは、とても見晴らしがよくて
森の友達もたくさん話し相手になってくれた。
きりかぶになってしまってから、すっかりそんなことがなくなって
誰もきりかぶと話をしてくれる人がみつからず、寂しい日を過ごしていた
ある日、きりかぶの近くにタンポポが咲いた。
ところがこのたんぽぽは素直にきりかぶとお話ができずに
いつもいつもケンカばかり。
季節が過ぎて冬になったとき、すっかり元気のなくなってしまったきりかぶに
声をかけてくれたのは…。

すっかり視野が狭くなってしまったきりかぶ。
そんな限られた範囲の中で、自分の気持ちを少し変えてみることで
今まで気づかなかったものを感じられるお話です。
ふだん気づかない景色を今日は眺めてみようかな。
そんなふとした心のゆとりを与えてくれる本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

たぬきのいとぐるま

2003/06/02 23:40

見えない糸

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

きこりの夫婦の家に、かわいらしいたぬきが遊びにきた。
いたずらをして罠にかかったたぬきを、やさしいおかみさんが助け
それ以来、たぬきはおかみさんの所へ、そっと遊びに行くようになった。
破れた障子の隙間から、おかみさんを見ている狸。
おかみさんが一生懸命糸をつむいでる姿を真似し、いつのまにか
その姿をおかみさんが楽しみにするようになっていた。

そんなきこりの夫婦が、冬がくるので山をおりる日がやってきた。
「あの狸はどうするのだろう」
心配していたきこりの夫婦が、春になり再び小屋を訪れると
目の前には…。

おかみさんと、たぬきの間に
やさしい糸があるような…。
それは目には見えない糸だけど、気持ちが伝わるとてもとても
優しい糸。

そんな風に感じられる本です。

文章は比較的大人向けですが
読み方を工夫すれば、ママと子供の間にいつのまにか
見えない糸が、たくさんの家族に…。

今日はどこでいとぐるまが回っているのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本たっちんのヤダッ!

2003/06/01 23:43

あまのじゃく

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「○○しなさーい」と言われると
つい「ヤダっ」と言ってしまう、たっちん。

ママが色々質問しても
いろんな言い訳をして逃げていってしまいます。
子供の気持ちで、一生懸命理由を考えて行くのですが
だんだんお母さんの言ってる質問に、たっちんは…。

はい。と返事をしていても
行動は常に逆の事をしてしまう今の時期(2歳〜3歳)の
成長を、楽しいテンポで話せます。
「…いいもん」という台詞のあと
「いーもんっ」と繰り返す子供のテンポもつい楽しくて
物語が終わりに近づくにつれて
逆に
「こんどはどんな反撃をするのだろう」と
読んでいる方も楽しめるお話です。

おふろがきらいな?たっちん。
今日はどんな言い訳を考えているのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぶどう畑のアオさん

2003/06/01 23:05

本当のつよさ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

夢で見た丘の上のぶどう畑。夢からさめたアオさんが
森を抜けて行ってみると、目の前に現われたのは
夢で見たぶどう畑だった。
「みんなにはないしょね」というネコさんに
「やくそくだよ」と言った矢先、出会った動物たちに
うっかり話してしまい皆で行くことになってしまいました。
それでもアオさんは
「みんなで食べたほうがおいしいよ」と、出会った動物たちと
ぶどう畑へ進むのですが、待っていたのは…。

優しい人(動物)とはどんな動物なのか、
ほんとうの力を、優しい文章で教えてくれる
「アオさんのような思いやりをもってくれればなぁ」という
感想を持てる本です。
楽しい事は、一人よりもたくさんの人と。
そんな気持ちも不思議ともてるように感じてくれればなぁ。
優しい気持ちを自然に感じさせてくれる本ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きりかぶ

2003/11/24 23:34

ありがとう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歳をとったきりかぶはひとりぼっち。
青いはっぱと、大きな枝はきりかぶの自慢でした。
でも、ある日突然きりかぶになってしまった自分の姿をみて
がっかりしていると、森の仲間がつぎつぎにやってきました。
こんな姿になった自分と
仲良くしてもらえるのだろうか。
寂しくなってしまったきりかぶに、森の仲間は…。

すっかり自分の姿がかわってしまい
がっかりしているきりかぶ。
みんな年をとり、姿が変わっていき、自分の気持ちも変わっていく事を
親しみやすい木と動物で、気持ちの変化を優しく教えてくれる本です。
きりかぶには
友達ができるのだろうか…。
自分の姿をみて喜んでくれる人がいるのだろうか。
ちょっぴりせつなくて、でも心があたたかくなるような絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

がんばれちびっこ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あらしの次の日、みずたまりの中でメダカくんが一人ぼっちでいるのを
カエルくんが見つけました。
みんなの住んでいる所に帰りたいメダカくんを
一生懸命励ますのですが、お天気がだんだん良くなり
メダカ君のいる水たまりの水が、なくなってきてしまいました。
「メダカ君が死んじゃうっ!」
カエル君は森のみんなと一生懸命、メダカ君を運ぼうと
いろんな方法で少しずつ進むのですが…。

森の中に住んでいる、小さい小さい生き物たちが
力をあわせて、友達を救おうとする暖かいお話です。

どんなに小さくても、一人一人がかんばって
協力すれば、できないことはない。
そんな勇気を与えてくれる本。

「はぁ〜良かったねぇ」
5歳になる娘が本を読み終わった時に
「ドキドキしちゃった」と、子供の心に
「どうなっちゃうんだろう」と、ドキドキしてしまうような
吹きだしがついていたりで、普段読んでいる本とはまた
違った形であるところも、楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もぐらさんのいびき

2003/06/01 23:18

ひこーきぶ〜ん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もぐらさんの仕事は大忙し。
元気でいたずらっ子な五匹の子供たちは
そんなお父さんが大好きなのに
やっぱり「遊んで〜」と、かえってくると
色々要求するのです。
ところが疲れているお父さんは、すぐに寝てしまいます。
一生懸命お父さんを起こそうと、あれこれしてみるのですが
いつのまにか、おおいびき。
とても大きないびきにびっくりするどころか、子供たちの
とった行動は…。

物語の中に、クイズがあったり
一生懸命働いている姿を、楽しく表現していたりで、
子供も考えながら、そして
「パパみたいね〜」と、思わずポロっと本音がでたりで
普段の子供の気持ちも、親の気持ちも
お互い優しく、あたたかく伝わる本ですね。

最後の方のページは
いつのまにか寝てしまった子供たちの姿をみると
意外とどこの家庭でも見られる姿では??
と、思わず笑顔が出てしまうような本です。

今日はもぐらさんの子供たちは、一体どこへ遊びにいったのかな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示