サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. MM さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

MM さんのレビュー一覧

投稿者:MM 

2 件中 1 件~ 2 件を表示

エンデュアランス号漂流

2001/08/24 13:32

これだからノンフィクションはすばらしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 20世紀はじめの人類に出来ないことは何もないという自信のもとに、安定した世界から南極大陸横断に出発したシャクルトン一行だったが、南極をとりまく自然は手強かった。文中の「科学的な指導力ならスコット,素早く能率的に旅をすることにかけてはアムンゼンが抜きん出ている。だがもしあなたが絶望的な状況にあって,何ら解決策が見出せないときには,ひざまずいてシャクルトンに祈るがいい」という言葉そのままの冒険。28人全員が生還できたところがこの物語のすばらしさだ。この文庫本のあとがきにある隊員募集の広告「求む男子。至難の旅。僅かな報酬。極寒。暗黒の長い日々。絶えざる危険。生還の保証なし。成功の暁には名誉と賞賛を得る。」に答え応じた男たちだからこそこんな冒険が出来たに違いない。自分にしてもらえないことについて考えながら読むと最悪だけど,自分に何ができるかという観点で読むなら本当に勇気が湧いてくる。人類の将来について,私たちもシャクルトンに祈ってみましょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何のパロディかが分かるとなお面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 はじめはパロディの元になった話を知らなかったけれどそれなりに面白かったです。今までゾロリにお世話になった人たちが力を合わせて地球を救おうとします。でも後で「アルマゲドン」を見たら、これこそ元の話に違いないと思いました。そう思って読み直すと百倍も面白く読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示