サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. コウチャンさんのレビュー一覧

コウチャンさんのレビュー一覧

投稿者:コウチャン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

アイデアを捜せ

2000/07/14 01:20

アイデアだけじゃ…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 小説、特に短編小説なんかを読んでいると、途中で「トリック」や結末が想像できてしまうことってありませんか?最後まで読んで「やっぱりそーか」となってしまって、ちょっと損をした気分と同時に「これくらいのアイデアなら、結構私でも…」なんて思ったりしたことありませんか?
「日頃から仕事でイヤと言うほど報告書を書いているんだ。」「日本人だから日本語なんて書けて当然だし。」「それに私には、人に秘密の自信のアイデアがあるんだ。」「だから…」なーんて思ってしまうこと、ありませんか?(実は私、たまにそーです)
そんな方に、この本をお勧めします。

 感動の名作や大長編小説。「あっ!!」というトリックと思いがけないアイデア…。そんな文章を読んで、「やっぱり小説家ってすごい。」「物書きさんは、私なんかと違う人種だ。」「とてもじゃないが私なんか…。」なんて思っている方(実は私、たまにそーです)。
この本お勧めです。

 小説家だって人の子。そんなにすごいアイデアがいつもいつも涌き出るわけじゃない。他の小説家にだって影響されるし、たまには模倣もしたくなる。だけどありきたりのアイデアを小説にして読者に最後まで読ませる技術をもっている。物書きってすごいけど、実は普通の人?

この本は、小説を書くことの難しさと小説を書くことの身近さを両方感じさせてくれる本です。
「私でも小説家に…」と思ってる方、ちょっと姿勢を正して。
「私なんかとても小説家には…」なんて思っている方は、肩の力を抜いて。
そんな感じで読んでみるといい感じかも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示