サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. めのいさんのレビュー一覧

めのいさんのレビュー一覧

投稿者:めのい

1 件中 1 件~ 1 件を表示

米国という先例を見よう!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

医療を金儲けの「市場」とみなすと、一体どういう状況が生じるのか?!
今日本の医療は保険診療(国民皆保険)で行われていますが、これを自由診療と併用させて混合診療とする動きがあります。
これは米国のような「医療の経済市場化」を目指している訳で、実際に混合診療推進派(企業関係者が主)は「新規市場開拓」と言ってのけています!
 本来“医療”に求めるのは「市場」ではなく「国民の健康・疾患管理」ですよね。だから普通に考えると、今行うべきは、国民の皆が安く確実に利用出来て、かつ質の高い(=効果が立証された治療を取入れた)保険診療の充実を目指すことですが…
単純に“今受けたい医療が保険外だし自分はお金持ってるから保険診療なんてカタイコト言わずに自由診療希望!”なんて目先の理由で医療をお金儲けの「市場」とすると、一体どういう状況が生じるのか?!
 実は米国がその素晴らしい実験モデルなので、かの国の現状(惨状)を確認すれば容易にわかる話です。せっかくこのような先例があるのだから、しっかり観察しよう!
 単なる読み物としても面白いので気軽にどうぞ。下手な小説よりもスリリングで、怖くて、感動して、泣ける。さらに実話というからスゴい話です。
 このテーマは単に医療そのものに疎い政治家や経済関係者(特に企業関係者)が論じると、「儲かる(税金の掛からない)医療提供がどれだけ出来るか」という詐欺の話で終わってしまうし、日本で働いている医療関係者が論じても説得力に欠けるのですが、この本は実際にアメリカの医療現場で働いている医療関係者が書いているため、非常にバランスがとれた意見だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示