サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鱒  さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

鱒  さんのレビュー一覧

投稿者:鱒  

1 件中 1 件~ 1 件を表示

久しぶりに、涙が止まらない本を読みました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、長年ルポライターとして写真週刊誌や女性週刊誌で活躍する佐々木ゆり女史の初の書籍です。
 サブタイトルにも記されているように、主人公は、松本サリン事件で渦中の人物となった河野さん一家です。事件からすでに8年。「もう8年も…」と思われる人も多いことでしょう。
 確かに、松本サリン事件は風化しようとしています。それは、河野家の人々にとっても同じです。ただ、彼ら彼女らにとっての風化は、あの辛い出来事を一日も早く忘れたいという強引なまでの記憶の封印です。
 佐々木女史は、そんな彼ら彼女らを一人ずつ訪ね歩き、その思いを紡ぎ出します。そこから見えてくるのは、普遍的な家族の物語です。
 もちろん河野家の人々は、松本サリン事件によって翻弄された特別な家族なのかも知れません。しかし読者である私は、自分自身の家族と河野家とを照らし合わせずに、本書を読み進めることはできませんでした。親子のコミュニケーション、夫婦愛、兄弟愛、そして各々の人生…。河野さん一家を通じて、家族というコミュニティーについて、無意識のうちに思いが巡ってしまいます。
 さらに特筆すべき点は、河野家というコミュニティーに、マスコミ人である佐々木女史が入り込んだことで生じた変化です。松本サリン事件によって、彼らがマスコミに対してどのような感情を抱いたかは、あえて言及するまでもないでしょう。ルポライターである佐々木女史の出現によって、河野家は再生したと言っても過言ではありません。
 本書は、オウムや報道被害といった文脈ではなく、ある家族の物語として読んでもらいたい一冊です。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示