サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆき ようこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ゆき ようこさんのレビュー一覧

投稿者:ゆき ようこ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本クララ白書 1

2001/06/27 02:09

昔少女も、今少女も読むべし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今から15〜20年ほど昔のこと、私は「車輪の下」や「罪と罰」を抱えた文学少女でした。かっこつけたい年頃だったので、コバルト文庫は隠れて読んでいました。その頃のお気に入りが氷室冴子さんや新井素子さん。新刊が出るたびにこっそり本屋で立ち読みしてました。
 新装版となり、表紙&挿絵が大好きな谷川史子さんだったので、懐かしさも手伝って思わず買ってしまいました。話の方は期待していなかったのですが、これがびっくりするぐらい楽しめました。爽やかで賑やかで、少女小説の王道といった感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本放浪の戦士

2003/02/05 23:59

これからが楽しみ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文庫本の帯に北上次郎の名前が見えたので買った本です。しかも帯だけでなく、あとがきまで(中公文庫版)。北上世代の「おじさん」がL文学(@斉藤美奈子)にあとがきを書いてるって珍しいでしょう?
実はあまり期待せずに読んだのですが、うれしい期待はずれでした。
会話で構成される部分が多い物語なので、スピーディで頭の中で映像化しやすい。漫画化やアニメ化を期待させる部分でもあります。
早速、残りの17冊+「王女グリンダ」を注文しました。はやく続きが読みたい、届くのが待ちきれないので、宅急便扱いにしましたよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本空の中

2005/02/04 21:33

ハードカバーですが、ライトノベルです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

普通の人といい人、普通の怪獣といい怪獣が出てきます。悪人と悪怪獣は出てきません。
「空の中」にいるのは、開発中のジェット機と訓練中の自衛隊機と怪獣です。ウルトラマンは出てきません。
電撃出身の作者らしく、読みやすい文体で、キャラは立っており、内容はわかりやすい。読後感は爽やかで、ハッピーエンド好きならオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

火天風神

2001/05/24 23:44

トリップできますよ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 普通、パニック小説って天災(例;地震、噴火、嵐)、人災(例;火事、爆弾、殺人犯)のどれか一つ、多くても二つだと思いますが、なんとこの小説では三つの災難が登場人物を襲います。中でも、嵐の表現はすばらしく、台風なれしている私(台風銀座と呼ばれる南九州在住)も思わず窓の外を見てしまったほどでした。窓の外は雲一つない星空。酔ったような変な感覚を味わいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示