サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. mau  さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

mau  さんのレビュー一覧

投稿者:mau  

1 件中 1 件~ 1 件を表示

フフフの歩

2002/02/15 00:51

勝負師のアツイ魂

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 将棋はさっぱり分からない私なのに、何故か将棋エッセイは読む。棋士ってやっぱり知的で鋭敏で素敵、だからではなくて、勝負師のアツイ魂とハチャメチャな生活振りに惹かれるんだと思います(棋士の皆様スミマセン)。

 この先崎学という人も、実際の棋士振りは全く知らないのだけど、週刊文春で連載しているエッセイが余りに笑えたので試しに一冊と読んでみたら、いやあこれが面白い! 些細な日常生活を書いているだけなのに、テンポが絶妙ですごく読ませる。さりげなく文章がこなれていて読んでいて止まらない。

 棋士仲間とのすっとぼけた会話を暴露して爆笑させる中に、勝負師としての一面をうかがわせる醒めた視線がフッと入り込む。その間合いがなんとも絶妙。

 「不意に、ああ坂だ、と思った。将棋会館から大きな通りまでに近道があって、その道が、順位戦の夜だけゆるやかな坂になっていることに気付くのである。
坂の上にはなにかがあるような気がした。僕はゆっくりと昇ろう、と思った。」(p.67)

 常に勝ち上がることを要求される棋士ならでは、の文章。シビれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示