サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. snakeholeさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

snakeholeさんのレビュー一覧

投稿者:snakehole

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本¥999

2002/09/03 05:26

この小説がもとで作者は大手代理店をクビになったそうな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この小説(小説なんだ,一応)の中身を説明するのはすごく難しい。アラスジを書くのは簡単だがね。……アメリカ資本の大手広告代理店で働く敏腕プランナー兼コピーライターの主人公が欺瞞に満ちた仕事に悩み,自分の子供を宿した恋人に去られ,ヨーグルトのCMでカンヌを獲り,人殺しで捕まる,ブチン……ここでテープは終わっている (笑) 。

 でもいくら丹念にアラスジを追ってもこの本の面白さは伝わらない,白眉はストーリーではなく語り口にあるのだ。この本自体「この小説を発表することでクビになりたいと思っている主人公オクターヴが自分のiMacにリアルタイムに入力しているもの」という体裁を取っており,その上この書き手がコカイン中毒のジャンキーでインテリなのだ。文章はペダンティックかつ皮肉に満ち,韜晦と洒脱の間を空中ブランコのように揺れ動く。あっちに振れてはコカコーラをけとばし,こっちに寄ってはネスレの鼻面をひっぱたく,ついにはデンツーをコケにしマイクロソフトによる国家を予言しちゃう。ホールデン・コールフィールド(サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」の主人公)が歳食って現代フランスに蘇ったようなその文体は,内容のエグさにも関わらず,時に痛快ですらある。

 訳者あとがきによれば作者のベグベデ本人,長く大手広告代理店ヤング&ルビカムに勤めながら小説を発表して来ており,ついでにこの小説がもとでめでたく(?)クビになったらしい。こんだけ「これはフィクションでんがな」という言い訳など最初から拒否して書けばさもありなん,とは思うけれども。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示