サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 杏 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

杏 さんのレビュー一覧

投稿者:杏 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本天使のセレナーデ 1

2002/04/17 12:35

もう一度じっくり読んでほしい作品♪

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヨーロッパの南、ライン国に一筋に細い川が流れ、この川をさかいに、小さな国は東と西にわかれ対立していました…このころは、小さな子供たちも行き来できるほど、監視の目は厳しくありません。ふうせんが飛んでいったことで出会った東のジャーニと西のロッティの幼い頃した約束は、14才になってリーブル音楽学院に入ることでした。合格すれば、東も西の人も入学できるからです。ある日、リーブルへ行った二人は、銅像に背の高さと名前を彫り婚約します。そして、約束の指輪を渡す日に、東の政府が川をうめ、高い塀をたててしまい、通行禁止! 監視にけがをおわれながらも、シャーニは指輪をロッティになげます。おいでよ。必ずリーブルへと…残されたのは、甘い初恋と約束の指輪だけ…そして7年、ロッティは14才、約束通り、東のリーブルへ入学試験を受けに行きます。
 でも、このリーブルもやはり東と西に対立にしていて、寮も生徒会も別、教室さえも半分にわかれ、お互いの陣地にはいったら丸坊主にされてしまいます。さて、ロッティはジャーニに会えるのでしょうか。さまざな対立のなか、二人は愛をそだてて、ライン国を一つにします。もう一気に読んでください。ストリーの展開の早さ、脇役との出会いで、二人は、どうなるの?と、わくわくします。
 この話は、ベルリンの壁が崩壊する前、1972年に週刊少コミックで連載されました。大人になって、ベルリンの壁のニュースを見たとき、本当に壁を崩している向こうにジャーニがたっているようで、涙が止まりませんでした。そして、この壁を越えようとたくさんの人がチャレンジしたことも知りました。きっと、ロッティとジャーニのような恋物語も本当にあったのではないでしょうか。今も、ずっと心に残っている作品です。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示