サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 野口均 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

野口均 さんのレビュー一覧

投稿者:野口均 

4 件中 1 件~ 4 件を表示

日経ベンチャー2001/3/1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 IT化に失敗しやすい会社のパターンを一三例挙げている。その中で「技術知識の豊富なIT担当者がいる会社」という項目に妙に納得させられた。逆に、著者が強調するIT化成功の条件は、「IT推進役は仕事の能力を基準に選出する」というもの。現在進んでいるIT化は、かつてのOA機器導入のような事務合理化といったレベルを超え、会社全体の経営革新と密接に結び付いているからだ。
 ただし、難しく考える必要はない。いわゆる「報連相(報告・連絡・相談)」に電子メールを用いることから始めればよいと提案する
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日経ベンチャー2001/3/1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 中堅企業にとって売り上げ一〇〇億円の壁は、もはや単なるロマンではなく、二一世紀に生き残るための必要条件になったと説く。その壁を越えるための体質改善の道筋を示すのが本書のテーマである。
 著者は、二〇年以上にわたって中堅企業のコンサルティングをしてきた経験から、やるべきことを五項目に整理する。第一に、会社の経営理念と長期戦略の設定。第二は組織の再構築。職制の権威を保つための組織から、目的達成のための役割本意の組織に変更せよと主張する。第三は、組織活性化を支えるマネジメント技法の導入。第四は抜本的なコスト管理の見直し。そして第五が有効な人材戦略の立案だ。
 各項目とも、売り上げ一〇〇億円の壁を突破し、いまなお成長を続ける企業の実例で説明する。中堅企業を対象にした経営の教科書は少ないだけに、手元に置いておきたい。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日経ベンチャー2001/3/1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 新会計基準に基づく損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の財務三表を表計算ソフトのエクセルで作成するためのノウハウ本。
 新会計基準への対応は、中小企業をも巻き込む大きな変革だ。本書は財務三表を企業の予算作成に応用する方法を示す。付録のCD—ROMに収録されたワークシートに実績値を入力すれば、経営実態の正確な把握だけでなくシミュレーションもできる。新会計基準の意味を肌で知るのにうってつけのマニュアルだ。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日経ベンチャー2001/3/1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 名著『路地裏の経済学』の著者が、「おばあちゃんの原宿」として有名な巣鴨とげぬき地蔵商店街の大繁盛の秘密を解き明かした本。取材スタッフが全店舗を一軒一軒訪ね、来店客にアンケートをとる。著者はそのデータを縦横に活用して、軽妙な語り口でとげぬき地蔵商店街を活写していく。
 とげぬき地蔵に来る人は、裕福な高齢者が中心。もっとも、お金は持っていても安いものが好き。さらに安さだけではなく、癒し、郷愁、情報交換、気晴らしの散財など、様々な価値を求めてやってくる。本書は高齢化社会の消費経済を考えるうえで第一級の資料といえる。
Copyright (c)1998-2001 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示