サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まゆげ猫さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

まゆげ猫さんのレビュー一覧

投稿者:まゆげ猫

4 件中 1 件~ 4 件を表示

Happy

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 言葉が通じなくても、ハートで補い合える関係だなんて、まるでおとぎ話のようだけど、あるんです、これが。
 片言しかお互いの言葉が通じなくても、ちっとも、苦になってないこの二人。一緒にいるために一番必要なのは共通語というわけではないと、ニコニコ笑って教えてくれます。大事なのはもっと別にあるみたいです。
 彼らの結婚にたどり着くまでのお互いの歴史や、日常生活の話など、気さくに語っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まつを媼百歳を生きる力

2002/01/06 23:07

まつを媼(おばば)百歳を生きる力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 百歳を充実して生きるために必要なこととは!? 昨今では長生きすることが幸せとは限らないけれど、細く長くでもなく、太く短くでもない、太く長いりっぱな一生を知りたくないだろうか?
 前半は、封建的な時代に教員となって、当時は良しとされなかった恋愛結婚で結ばれたにも関わらず、夫にも虐待され、嫁と教師の両立も難しく、そういう環境の中で知恵を絞り、周囲の女性達の生活を改善させ、女性の支持をえて村会議員にもなり、戦争を乗り切り、農業を営み、本を出版し…とエネルギッシュに生き続けた半生を語り、後半は、頭脳明晰な老女の思考の行方と、死に臨む心と身体の老いの経過を知ることができる。
 おばばと著者の23年にもわたる交流の絆ゆえに実った充実の一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本私のアンネ=フランク

2002/01/31 18:18

考えるきっかけとなってほしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「日本人は忘れっぽいから」
 憎しみと嘲りのあいまったその言葉は、13歳だった私にとって衝撃的な言葉だった。自分の問題を突きつけられているようで、苦しいような、弁解したいような気持ちにさせられた。
 本書は「直樹とゆうこ」シリーズだが、ちょっと他のと違うのは、戦争という非常時に同年代を生きた母・蕗子と、戦争を知らずに育った現在同じ歳である娘・ゆうこと、又その兄・直樹の3人が、アンネに宛てて日記を綴るという形で話が進んでいく設定になっているということ。
 私は、このシリーズを通して、戦争や原爆、公害、差別について考えさせられたと思う。考えることは大切なこと。ぜひ、たくさんの子供たちに読んでもらって、自分なりに戦争や人権について考えてほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本かばんうりのガラゴ

2001/10/12 00:01

あなたの欲しいカバンは?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 不思議なガラゴがやってきて、六本足のカバンから、それぞれの望みどおりのカバンを出してあげるお話です。バムとケロシリーズ同様に、このお話の背景でも小さな者達が何かをしていますよ。
 声に出して読んで楽しい本です。挿絵についている文章は短いけど、絵が語りかけてくる部分がいっぱいあるので、子供と一緒によんで、時には書いてないセリフも読んで、この不思議なガラゴの物語を、想像力で膨らませてみませんか。
 きっとお気に入りの一冊になると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示