サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. カシラギさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

カシラギさんのレビュー一覧

投稿者:カシラギ

8 件中 1 件~ 8 件を表示

最も美しいブラックホール入門書

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ブラックホールの入門書はたくさん出ているが,全ページカラービジュアルのものはおそらくないだろう。それでこの価格は安い。ブラックホールだけでなくホワイトホールやワームホールについてもページをさいていて,解説もわかりやすい。ブラックホールと最新物理学の関連も解説されていて,初心者から中級者まで楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とにかくおもしろい

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

空はなぜ青いのか?夕焼けはなぜ赤いのか?虹はなぜできるのか?光にまつわる素朴な疑問をわかりやすく解説していて,とてもおもしろい。さらに,光を自転車よりも遅くしたり,超フラッシュなど,興味深い光の最先端科学もすごい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

動きまくり!!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙から動きまくり!1章も動きまくって驚いて取りあえず酔う。2章からは明るさや色の錯視に突入。すごい。どう見ても同じ色には見えない。3章,ホントに消える。4章では文字列が傾く錯視が面白い!5章,だまし絵の不思議な世界にご招待。最後6章はニュートンらしい解説。全編に渡って錯視の解説はしっかりされている。動く錯視は動かない人もいるらしい。加齢説とかもあるらしいので,動かない人も「動く!」ととりあえず言っておいたほうがいいかもしれない。一人で読むよりみんなでワイワイ読みたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

気象のしくみって意外と単純?

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「夏は暑い」こんな当たり前のことを「なんで?」と聞かれたら,「夏は日が高いし,昼間も長いから・・」くらいしか答えられなかった。この本を読んで,それらのしくみがよくわかった。春夏秋冬のしくみだけでなく,梅雨・台風・雷・雪など日本のことや,トルネード,モンスーンなど海外の気象についてもすっきりわかる。気象はいろいろな要素から成り立っていてとても複雑ではあるものの,「大ざっぱにいうとそういうことか!」という内容なので,空に興味のある人にはオススメの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

数学ぎらいでもいける

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

クイズ感覚で挑戦できる問題は,数学嫌い,数学が苦手と言う人でも十分に楽しめる内容である。宇宙や地球のことをいろいろと計算している章は,計算がやや高度な部分もあるが,難しい部分は流しても,宇宙のスケールを感じられてとても勉強になる。とくにこの本で面白かったのは最後の確率・統計の章だろう。身近な確率を紹介していて,いかに私たちが感覚的に確率に弱いかがよくわかる。上司の子供が男の確率は?などは多くの人が間違える問題ではないかと思う。読めば新鮮な驚きがあることだろう。ちまたにあふれる世論調査などの正しい見方についての記事もあって,とってもためになる。盛りだくさんの濃い内容なので,少々高い値段にも納得がいく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

地球のためにできること

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

地球温暖化のために何ができるか? それを知るにはまずは温暖化に対する正しい知識が求められる。地球温暖化に関する本はたくさん出ている。たくさんあるだけに科学的に信頼できる本となるとどれを選んでいいのか迷うところである。そんな人にはこのニュートン別冊がおすすめ。ビジュアルで分かりやすく,最新の科学的なデータにもとづく信頼性の高い内容となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

イオンは大事

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんとゆとり教育の一環で,中学で「イオン」を教えていなかったらしい。最近,それではまずいということで復活させたらしい。かわいそうなのは中学で「イオン」を習わなかった世代ということになる。それらの世代にあたる人にはオススメの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

月を見る目がかわる良書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前半は月についての基本的な話や不思議な現象にページが割かれている。意外と知らなかったこともあり,月を見る目がかわった気がする。日本の月探査機かぐやの成果も詳しくのっていて,今後のさらなる研究成果に期待したくなる。最後のアメリカの月面基地計画もそれほど遠い未来の話ではないことがわかった。付録の月面図のポスターは月の裏側の地形がよくわかってとてもよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示