サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Mジマンキーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

Mジマンキーさんのレビュー一覧

投稿者:Mジマンキー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

松本裁判

2002/06/26 08:07

もうひとつの「裁判」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

“言葉”を持たない芸人が、“言葉”を与えられる。「僕はそんなん何も考えんとオモロい思うからやってただけなんですけどね、カルチャアの世界ではそう言うんですか、ああ、僕もその歴史の中に立ってるんですねぇ」みたいな嫌な感じがロッキングオンと松本人志の関係には存在し、それは松本の可能性を奪ってしまう危険をはらんでいることは確かだけれど、本書の構成はそういうのをパロディ化しているとも言えるので、とりあえず保留して純粋に松本のファンとして読めます。が…

そうして読むと、怖い本です。笑いどころは存分にあって、爆笑できるのだけれど、次の行でその笑いが凍り付いてしまうということがしばしば。なぜそうなるか。「考えてしまう」からです。

本書を読みながら読者は「松本人志を笑う」ことは「松本人志に笑わされている」なのか「笑わしてもらっている」なのか、はたまた…という、いわゆる「松本信者」の修行体験に陥ってしまう。そして読後には、これまで松本で笑った総時間が多ければ多いほど、長く苦しい禅問答が待っています、「あのときは、じゃあアレは…」。

これは松本の裁判であると同時に、自己の松本体験を反芻、反省し執り行われる“裁判”なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示