サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Dillさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

Dillさんのレビュー一覧

投稿者:Dill

4 件中 1 件~ 4 件を表示

チェスの世界のガイドブック

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者の渡井美代子女史は,日本チェス協会事務局長で,監修の松本康司氏は,同協会の会長です。日本のチェス界を代表するといえるお二人の携わった本書は,チェスへの思いに溢れているように思えます。
 もちろん駒の並べ方から動かし方,序盤・中盤・終盤のゲームの進め方など,チェスの基本もバッチリです。
 しかし,秀逸なのは,豊富なチェスについての話題です。チェスの協議会やチェスの強さを測るレイティングについて,そして現代のチェスを語る上で欠かせないフィッシャーのお話など等,この一冊にチェスについての話題がぎゅうぎゅうづめです。
 チェスの解説書というよりは,チェスの世界のガイドブックという気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オープニング

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本では,チェスはきわめてマイナーなゲームだ。まあ,それも仕方がない。日本には将棋という素晴らしいゲームがあるのだから。そして,将棋が面白いように,チェスも面白い。しかし,将棋と違ってチェスを学べる機会がとても少ない。インターネットによって,チェスを学べる機会は増えたが,それでも,チェスの向上を目指すチェス・プレイヤーにとっては,充分だとは言えない。
 本書は,そんな学ぶ機会に恵まれないチェス・プレイヤーにとって,数少ないチェスについて教えてくれる一冊となるだろう。

 チェスのゲームは,序盤・中盤・終盤からなる。本書は,その序盤であるオープニングの定跡を集めた一冊となっている。
 本書は,定跡をまとめたものであるから,チェスをまったく知らない人が,最初に買う本としてはふさわしくはない。最低限,駒の並べ方に動かし方,棋譜の読み方は理解しておく必要がある。その上で本書を読むならば,ゲームの最初の攻防であるオープニングでの知識を得られるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

WindowsAPI

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 趣味であれ仕事であれ,プログラムを行うプログラマにとって,多くのWindowsアプリケーションがWindowsAPIを利用して作られていることは,有名だ。だが,WindowsAPIがどのようなものか,具体的に知っているプログラマは多くはないだろう。しかし,WindowsAPIがWindowsのネイティブなAPIであることを知り,魅力を感じているプログラマは多いはずだ。本書は,そんなプログラマの好奇心を大いに満たしてくれる。

 しかし,そのためには,多くの時間と高い忍耐力が必要になってくる。本書は,上巻・下巻を合わせて1500ページを超える大冊だ。本書から多くの知識を得ようと思うのなら,効率のよい学習方法が必要だろう。しかし,時間をかけるだけのものがWindowAPIにはあると思う。
 上巻では,Windowsアプリケーションの基本である,メッセージやキーボード・マウスといった,どのようなWindosプログラムにおいても絶対に必要になる要素に充分なページを割いて説明がなされている。
 下巻は上巻での説明をふまえ,さらに高度な項目を扱っている。

 本書は,上下巻を合わせて一纏まりとなっているが,上巻は基礎編として完結的に纏められている。そのため,WindowsAPIの学習を始めたいと思っているプログラマには,まず上巻を購入することをおすすめする。上巻で充分な知識が得られたなら,下巻にすすめばいい。上巻だけでも,Windowsプログラミングに必要な充分な知識と経験とが得られるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レジストリとは?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 レジストリを扱った本はいくつかあるが(それでも数は少ないが),レジストリの専門書はとても少ない。

 インプレスのBlackBookシリーズは,Windowsシステムを扱う専門書だ。そのシリーズの一冊である本書は,Windows2000でのレジストリを解説してくれている。レジストリで何ができるのか,そして,レジストリは何をしているのかを教えてくれる。

 本の題名はWindows2000だが,レジストリ自体はWndows98/Meにも存在するから,レジストリの話題そのものは現在のWindows全般に通用する。もちろん,レジストリ自体は,Windowsの心臓部にあたる極めて繊細な部分だから,気軽に,誰もがレジストリを操作するべきではない。しかし,だからといって一般のユーザーが触れてはならないというものでもない。必要最低限のルールを守るならば,向学心溢れるユーザーは,普段Windowsがどのように振る舞っているのかを,レジストリから学べるだろう。
 Windowsのシステムにあまり興味のないユーザーであっても,Windowsの日ごろの振る舞いに満足はしていないだろう。レジストリを操作すれば,それを改めさせられるかもしれない。

 本書はそんなユーザーのための,レジストリを扱う上でのルールと,レジストリの働きを教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示