サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 樹崎 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

樹崎 さんのレビュー一覧

投稿者:樹崎 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ハックが教えてくれた、本当の自由

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この作品は、小学生のときに、「トム・ソーヤの冒険」の続編として、今度は、ハックが、どんな冒険をするのだろう…と、期待に胸を膨らませながら、読み始めたのを覚えています。初めは、「トム…」に比べると、ハックの一人称ということもあり、地味で、(テーマが大きすぎて)つかみ所が無く、単純明快な「トム…」の方がお気に入りでした。けれど、歳を重ねて、何度も読み返すようになったのは、この作品。物語の中で、ハックが一生懸命考えていた問題は、自分自身にも問い掛けるものがあったからなのでしょうか。 

 「トム…」で、大金持ちになり、ワトソン夫人に引き取られたハックですが、酒乱の父親に連れ戻され、これ幸いとばかりに、汲々とした文明生活を抜け出して、筏でミシシッピー川を下るという大冒険に出かけます。相棒は、逃亡奴隷のジム。ミシシッピーの大自然の中を、自然児ハックが、何物にもとらわれず、自由奔放に生きる姿は、眩しくて、大きな憧れを抱きました。
 
 ですが、そんなハックにも、黒人奴隷の逃亡を助けることは、卑しい悪事だという認識があって、ジムを奴隷制の無い自由州へと逃すことに、罪の意識を感じて、苦しみます。冒険の中で育まれていく友情。ハックには、なぜ、ジムが他人の所有物であるのか、分からなくなってきます。そして、ジムを人と意識する自分も、普通ではないかもしれない…と、真剣に悩んで、神様に懺悔したりするのです。

 当時のアメリカは、黒人奴隷制度を認める州と、廃止した州が混在する状況で、作者自身、こうした制度に批判するものの、完全に否定しきれず、最後の最後で、トム・ソーヤを登場させ、冒険物語のラストとして締めくくっています。
 
 社会秩序や通念の道徳が、必ずしも、正しいとは限らないものです。おかしいことはおかしい、逆に、正しいことは正しいと、自分で決断できる自由を持つこと…確かに、自然児でない我々には、とても難しいことかもしれません。けれど、ハックの冒険のように、ちょっと困難だけど、朗らかで気持ちのいいもの…やはり、そういうものには、憧れるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示