サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. KARMLAさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

KARMLAさんのレビュー一覧

投稿者:KARMLA

1 件中 1 件~ 1 件を表示

レシピ本の域を超えた啓蒙というか羨ましがらせ本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この著者の本の例に漏れず、「読めば釣りに行きたくなる本」。
料理ガイドブックとしても実用的で優れているが、具体的・実践的かつ読んで楽しい本です。
釣りをしない(出来ない、行きたくても時間がとれない)人にとっても充分に魚料理について色々な発見を与えてくれるのですが、釣り人でなければ入手しづらい素材ももちろんあって、そこが悔しくもありますが、「釣魚」と明快にタイトルにありますので、それは僻みか八つ当たりと言われても仕方ないでしょう。
もっとも、いまだ見ぬ釣魚に思いを馳せることをさせてくれる、ロマンを与えてくれると言う効能も無視できません。
若い女性に読んでもらいたいですね。牛や豚をさばくのはたいへんでしょうが、魚なら一匹からさばくこともまだ抵抗が少ないでしょう。
料理というのは、野から採取してきた獲物をさばいて家族に食わせるというのが、もともとの原点だと思います。
肉じゃがも良いですが、この本に載っている料理を食卓に出してみれば喝采まちがいなしです。
そういう意味で、この本はとても実践的ですし、そのへんのカリスマ主婦の料理本100冊ぶんの価値があると思います。
この本はあえてジャンル分けをすれば、「ガイドブック」に分類される種類の本ですが、その域に収まらない影響力・文章の力があります。
パソコン畑の、スタパ斎藤氏という著者をご存じの方がいらっしゃれば、「ああ、あの類の人か」と類推もしてもらえるでしょうか。
スタパ斎藤氏のコラムを読むと、クレジットカード握りしめてパソコンやデジカメを買いに行きたくなりますが、そういう力をこの著者の文章は持っています。
小説、エッセイふくめて、もっとも新刊が待ち遠しい人です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示