サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 岩田 和晃さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

岩田 和晃さんのレビュー一覧

投稿者:岩田 和晃

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本空想法律読本 1

2001/04/24 16:35

ヒーローの行動を具体例として利用し、法律をわかりやすく解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 仮面ライダー ウルトラマン エイトマン… 子どもの頃は、これらテレビのヒーロー達をドキドキ・ワクワクしながら見ていたものだ。
 しかし、大人になってから考えてみると、いろんなな疑問が湧いてくる。「仮面ライダーが怪人を殺すのは殺人罪にならないの?」「ウルトラマンが怪獣を殺すのは?」「エイトマンは弾丸よりも速く走るのにスピード違反にならないの?」etc…

 そんな疑問を解決してくれるのが本書だ。本書では、全11章にわたって、ヒーロー達の行動を、ありとあらゆる角度から法律的な解説を加えている。登場する法律も、憲法、民法、刑法などの基本的な法律はもちろんのこと、外国人登録法、被災者生活再建支援法、国税徴収法など実に多くの法律が出てくるのだ。

 ここで1つだけ答えを教えてしまおう。ウルトラマンが怪獣を殺しても殺人罪にならないのだ。さて、その理由は?
 あとは本書を読んでほしい。本書を読めば、長い間の疑問が解消して実にスッキリした気分になれることマチガイなしである。

 ここまで書いてきてなんなのだが、本書の真の意図は何もヒーローの行動を法律的に解説しようというところにあるのではない。そのようなヒーローの行動を具体例として利用することによって、法律をわかりやすく学びましょう、というのが本書の意図だ。そして、その意図は見事に達成されているといえよう。

 架空の世界を通して見るからこそ、見えてくる現実というものがあるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示