サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. TF さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

TF さんのレビュー一覧

投稿者:TF 

2 件中 1 件~ 2 件を表示

透析の中級クラスの知識をやさしく解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は透析界の重鎮、太田和夫先生です。内容は、長期透析に起こる合併症のことのほか、透析に関する中級クラスの知識(透析量と生存率、血液透析濾過、移植など)がふんだんに盛り込まれています。このクラスの情報を説明するとなると、どうしても難しい言葉や考え方が出てきますが、それを見事にクリアし、普通の方が読まれても、それほど苦にせず内容を理解できるものと思われます。「新 これが透析療法です」の時にも見られた分かりやすい言い回しや、理解しやすい工夫も健在です。これは、太田先生の文才と知識がなし得る芸術、と言っても過言ではありません。

 この本は透析患者さん自身はもちろん、透析室スタッフでも読んで勉強になる部分も多々あるのではないかと思います。透析についてもっと知りたい、長く透析をやっていて合併症などが出てきた、という患者さんには、その原因や予防法を知る上で、とても役立つ本だと思います。また、透析室スタッフにとっても、分厚く高価で、文字ばかりの本にしか書いていないような知識を、睡魔と闘うことなく、いとも簡単に修得できる、ステップアップへのパスポートになると思います。

 また、価格も手ごろで、1800円(税抜)です。これだけの内容を書いてある本は、大抵が医療従事者向けのものとなってしまうため、価格も4000円から5000円程度になり、表現も難しくなってしまいます。そのようなことを考慮すると、この価格で、この内容はお買い得と言い切ることができます。

★この書評は、私が発行しているメールマガジン「よくわかる人工透析」に掲載されたものに加筆、修正を加えたものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

透析療法事典

2002/01/21 00:59

透析を一通り網羅した万能事典、最初の疑問はまずこれで解決。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本は、完全に透析スタッフ向けの本であり、タイトルにもある通り、事典です。読むのではなく、調べるために使う本です。

 内容は、タイトルに恥じることなく、透析に関する様々な情報がぎっしりと、詳しく書かれています。腎不全の説明はもちろん、透析に関する解剖生理、ダイアライザーとその種類、よくある合併症だけでなく、透析患者さんの抱える精神的な苦痛というサイコネフロロジーの分野に関しても表記があります。
 そのほかにも、災害時の対応法、在宅血液透析など、他の本にはあまり書かれていない事柄に関しても触れられています。さらに、特別な配慮が必要な患者として、高齢者や乳幼児のことについても書かれています。普通の透析の本にはあまり書かれていない乳幼児の透析にまで触れているところを見ると、さすが、という気になります。透析療法ということで、血液透析だけではなく、腹膜透析(CAPD)、血液透析濾過(HDF)についても書かれています。さらに、厳密に言うと透析ではない血漿交換(PE)についても表中で軽く触れられていました。

 一応、透析に関する事柄を一通り網羅してありますが、ある分野を本当に詳しく調べようとしたら、やはり限界があります。そのような場合は、それぞれ専門書を参考にしてください。疑問にぶつかったら、まずこの本で調べ、ある程度の知識を入れてからなおかつ、もっと調べたい場合に、専門書を探してみると良いと思います。私が把握している限りでは、ダイアライザーの膜、食事療法、検査値などは、ちょっとこの本だけでは役不足だと思います。そのような時は、それぞれの専門書を探してみるといいと思います。

 ★この書評は、私が発行しているメールマガジン「よくわかる人工透析」に掲載されたものに加筆、修正を加えたものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示