サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. SCORNさんのレビュー一覧

SCORNさんのレビュー一覧

投稿者:SCORN

1 件中 1 件~ 1 件を表示

うわさ上手なイギリス人

2004/10/08 21:11

辛口だけれども暖かい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は英国人と結婚した英国在住の作家。優れものの2冊のエッセイ、「イギリス人は「理想」がお好き」、「イギリス人は「建前」がお得意」に続く第三弾。「理想」、「建前」の2冊は、日本人の英国論が英国賛美に傾きがちなのに対し、身の回りの事象を巧みにひきあいにだしながら、主として英国の社会制度の問題点を論評したものだったが、本書では、「制度」ではなく、英国「人」自体に観察眼を向けている。舅・姑をはじめ身の回りに暮らしている人達の描写でありながら、普遍的な英国人像として感じさせるところは著者の着眼と描写のうまさだろう。しかし、英国の離婚率が4割だというのには驚いた。また、結婚は嫁入りではなくて婿入り。嫁・姑問題ではなく、婿と(嫁の)両親の関係が大きな問題というのもおもしろい。辛口ではあっても悪口にはならない、根底に暖かさを感じさせる軽妙な語り口の良さは健在。

 なお、著者が狐狩りと捕鯨を同視する趣旨の意見を述べている箇所があるが、私は捕鯨再開支持派(IWCけしからん派)なので、この点についてだけは賛同しかねる。もっともこれは本書自体の評価とは全く関係ないので、念のため。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示