サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. STEREO SOUND Publishing Inc.さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

STEREO SOUND Publishing Inc.さんのレビュー一覧

投稿者:STEREO SOUND Publishing Inc.

1 件中 1 件~ 1 件を表示

内容紹介

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

世界のオーディオ史に燦然と輝く"Western Electric"。
その「ウェスタン・エレクトリック」の全貌が明らかになる
待望久しい一冊!
本書は、「本篇」(LPジャケットサイズ・456頁)、「資料篇」(A4変形判・1,144頁)の
2冊1組構成の豪華上製本(各ブックケース/2冊1組ケース付き)です。

「ウェスタン・エレクトリック」は、1876年のアレキサンダー・グラハム・ベルによる
電話機の発明をルーツとする世界有数の電信・電話会社「AT&T」と
その高名な研究所「ベル・テレフォン・ラボラトリー」の製造部門として
多大な業績を残した、いわば今日の情報化時代を拓いた先駆者でもある。
その業績の一端を列記すると、
・真空管の実用化(1913年)と、各種アンプ回路の開発
・電気的フィルター理論の発表(1915年)
・コンデンサー・マイクロフォンの発明(1916年)
・ディスク・レコードの電気録音法を開発(1925年)
・最高級蓄音機「クレデンザ」の開発(1925年)
・トーキー映画システムの開発(1926年)と、高音質の徹底追求
・ムーヴィング・コイル(ダイナミック)型スピーカーの開発(1926年)
・ネガティヴ・フィードバック(NFB)の原理を体系化(1928年)
・電話回線によるフルオーケストラ・サウンドの3チャンネル伝送実験(1933年)
・フレッチャー・マンソン・カーヴ(「ラウドネス理論」)の発表(1933年)
・フィルム記録によるフルオーケストラの3チャンネル再生実験(1940年)
・信号の2進数符号化(デジタル化)理論を発表(1946年)
・トランジスターの発明(1947年)
・ステレオLPレコードの開発(1957年)
等々がある。

これらのほとんどは、今日のハイファイ・オーディオの根底に脈々と流れている
音響理論およびテクノロジーである。
そして、こうした卓越した理論や技術に加え、弛まぬ研究・実験の積み重ねの末に、
「ウェスタン・エレクトリック」は傑出した製品を次々と生み出してきた。
その初期の製品は開発以来すでに約80年が経過しているが、
それに完璧な修復を施し、念入りに調整すれば、
現在でも他では得られない浸透力のある素晴らしいサウンドを聴かせてくれる。
つまり、今日のハイファイ・オーディオのルーツであり、
常にその最高峰に君臨し続けた類稀なるメーカー
——それが、「ウェスタン・エレクトリック」なのである。

「本篇」詳細
http://www.stereosound.co.jp/spi/wes/honpen.php

[本篇]
・映画の音---佐々木 秀孝
・ウェスタン・エレクトリック・サウンドの秘密---山中 敬三/長島 達夫
・ウェスタン・エレクトリック銘器撰---新 忠篤
 永年オーディオファイルが熱い眼差しを注いできた銘器の数々を網羅。
 各モデルを魅力的な写真と、豊富な資料に基づく詳細な解説文にて紹介
 Receiver レシーヴァー篇
 Horn ホーン篇
 Baffle バッフル篇
 Monitor System モニタースピーカー篇
 Dividing Network ネットワーク篇
 Current Supply/Power Unit/Rectifier パワーサプライ/レクティファイアー篇
 Amplifier アンプリファイアー篇
 Vacuum Tube 真空管篇
 Reproducer/Transmitter フォノリプロデューサー/トランスミッター篇
・ウェスタン・エレクトリック エンスージァスト 紳士録
・ウェスタン・エレクトリック、栄光の系譜 トーキーの現場から---永井 克正
・うえすたん物語---伊藤 喜多男
・偉大なるウェスタン・エレクトリック その足跡を訪ねて---倉持 公一
・ハイテクノロジーの先鞭をつけたエンジニアたち---海老澤 徹
・Western Electric「銘器撰」補遺 D-98634 Receiver---新 忠篤
・Western Electric Company's Chronicle ウェスタン・エレクトリックの歩み(WE年表)
・索引


「資料篇」詳細
http://www.stereosound.co.jp/spi/wes/shiryo.php

[資料篇]
E.R.P.I.(Electrical Research Products Inc.)発行のEquipment Bulletinをはじめ、
ウェスタン・エレクトリックやAT&T発行のアンプ回路図・ワイアリング図、
各種真空管のデータシート&互換表、各種トランスの主要規格一覧などを、
それぞれのオリジナル資料から複写して掲載
・Amplifiers篇
・アンプリファイアー一覧、Wide Range Systems仕様書
・Vacuum Tubes篇
 「真空管名索引」「多用途真空管一覧」「送信管一覧」「整流管一覧」
 「特殊用途真空管一覧」「冷陰極管一覧」「バラスト・ランプ一覧」
 「ベース部ピン接続図」「製造中止管名一覧」
  以下、各真空管のデータシート
 真空管互換表, 真空管主要規格一覧, 各種真空管ソケット一覧
・Transformers篇
 トランス主要規格一覧、リターデーション・コイル主要規格一覧、
 入力トランス主要規格一覧、出力トランス/リピーティング・コイル主要規格一覧、
 電源トランス主要規格一覧、コイル/トランス・リファレンス・データ、ほか
・Components篇
 抵抗主要規格一覧、ポテンショメーター主要規格一覧、レオスタット主要規格一覧、コンデンサー主要規格ほか
・索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示