サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. サザレイシさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

サザレイシさんのレビュー一覧

投稿者:サザレイシ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

水木しげると鬼太郎変遷史

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「鬼太郎にも、いろいろあったのサ。」(本書の帯コピーより)
4月にスタートしたTVアニメは高視聴率で放映中、はたまた劇場映画も大ヒットと世はまさに鬼太郎ブーム、妖怪ブーム。もとより「ゲゲゲの鬼太郎」は60、70、80、90年代にアニメ化されており、まさに全世代がその洗礼を受けている国民的ヒーロー。今回5度目のアニメ化でまたまた新たなちびっこファンが大増殖中。
ということで気になるのが鬼太郎のルーツだが、意外と知られていないのが鬼太郎はもともと単純な「悪い妖怪をやっつける正義の味方」ではなく、宿命を背負ってこの世に生を受けた幽霊族の最後の生き残りであること。目玉おやじもそうしたわが子を思うあまり・・・。
紙芝居作品として1954年に初めて登場してから早や50余年。本書ではその変遷を詳細に解説しており、新たな発見が満載。鬼太郎ワールドの奥深さと、さらには水木先生の偉大さに改めて感服すること必至。
このところ出版社各社から作品が復刻されているので、巻末の全作品リストとあわせ通読してみるのもよいのでは。
なお、貸本時代にかねてより怪奇物の執筆を考えていた水木先生が初めて漫画に鬼太郎を登場させたのが『妖奇伝』。こちらも同社から近く完全復刻版が発売される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示