サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. スミさんのレビュー一覧

スミさんのレビュー一覧

投稿者:スミ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

伝えないと伝わらない

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

佐藤多佳子さんの「しゃべれどもしゃべれども」を漫画化にした作品。
勝田さんのやわらかい絵と、佐藤さんの小説は思っていたよりずっと、しっくりきていた。話は多少早足になっていたけれど、そんな不満も飛んでいくほどしっくりしているのだ。ちゃんと勝田さんの漫画だし、佐藤さんの小説になっている。
ばかみたいに不器用な人たちが落語を通じて、がんばってどうにかしようとしている。その過程はくだらないしやっぱりばかみたいだけど、応援したくなる。そして何事においても、伝えようとしないと伝わらないことがわかる。とにかく伝えようとすることで伝わるなにかがあるのだと感じさせられる。

小説原作の漫画は読んでみると期待はずれなことが多いけれど、この漫画は期待以上の作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いつか、僕らの途中で

2007/07/06 00:39

大人に向けて

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山梨と京都にそれぞれの生活をもつふたりの往復書簡。
柴崎友香の文章と田雑芳の絵が雰囲気ぴったりでとてもよかったです。しんしんと、ゆるやかなやさしい感じが詰まった空気がいい。直接的じゃないところなんかも。山梨と京都。なんかもうそれだけで、いいなあって思えるのがこの本の魅力だと思います。
あと鉛筆描きのイラストがすごい好き。田雑芳の描く線が気持ちいんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示