サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 実務教育出版 編集担当さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

実務教育出版 編集担当さんのレビュー一覧

投稿者:実務教育出版 編集担当

4 件中 1 件~ 4 件を表示

CAB、GAB対策にご活用ください!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

●ブログ「就活ネットワークの就職試験完全対策!」にて、最新
情報を公開しています。Webテストやテストセンターの仕様の変更などがあれば、ブログにて随時掲載します。
●本書は多くの企業の採用選考で実施されている適性検査「CAB」、「GAB」の対策問題集です。また、本書は難解なことで有名なWebテスト「Web-CAB」の対策としても活用できます!
●CABとは、SHL社製のコンピュータ職用の適性検査。暗算・法則性・命令表・暗号といった特殊な能力検査と性格検査で構成されています。
●本書は、「Web-CAB」の対策としても活用できます!「Web-CAB」は、SHL社製のWebテスト。コンピュータ職用のマークシート方式テスト「CAB」をWeb版にしたものですが、一部内容が異なるだけでなく、マークシート方式よりもはるかに難易度が高くなっています!
●GABとは、SHL社製の総合適性検査です。言語・計数・性格検査で構成されています。言語の内容は「論理的な長文読解」で、慣れていないと非常に難しいと言えます。計数の内容は「7~8つの表に関する計算問題」で、慣れていないと時間内に全問解答は困難だといえます。
●2009年度版では、CAB、GABの性格検査を新規に掲載しました!

●そのほか、筆記試験として、「SPI2」が有名です。また、「テストセンター」などのWebテストも多くの企業で実施されています。
●「SPI2」「テストセンター」に関しては、本書の姉妹版「SPI2&テストセンター出るとこだけ!完全対策」をご活用ください。
●「テストセンター」以外のWebテストに関しては、本書の姉妹版「Webテスト(1)完全対策」「Webテスト(2)完全対策」をご活用ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Webテスト対策にご活用ください!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

●ブログ「就活ネットワークの就職試験完全対策!」にて、最新情報を公開しています。Webテストやテストセンターの仕様の変更などがあれば、ブログにて随時掲載します。
●本書は、多くの企業で実施されているWebテスト「WEBテスティングサービス」「TG-WEB」「Web-CAB」の対策問題集です。これらのWebテストを実施する企業は年々急増しています。
●「WEBテスティングサービス」は、「SPI2」を作成しているリクルート マネジメント ソリューションズ社製のWebテスト。今までマークシート方式の「SPI2」を実施していた企業が、続々と「WEBテスティングサービス」に乗り換えています。なんといっても、利便性が高いうえに、今まで使っていた「SPI2」の過去データを継続して利用できることが企業の最大のメリットです。ただし、言語・非言語の能力検査はマークシート方式とは異なる問題があるので、要注意です!昨年度、三井住友銀行、アクセンチュア、日立製作所などの大手企業がこのテストを実施していました!
●「TG-WEB」は、アトラクス ヒューマネージ社製のWebテスト。難易度の高い言語・計数能力検査と数種類の性格検査で受験者を精密に分析します。昨年度、日本テレビ放送網、マイクロソフト、松下電器産業などの大手企業がこのテストを実施していました! 「TG-WEB」を実施する企業はますます増加するものと考えられます!
●「Web-CAB」は、SHL社製のWebテスト。コンピュータ職用のマークシート方式テスト「CAB」をWeb版にしたものですが、一部内容が異なるだけでなく、マークシート方式よりもはるかに難易度が高くなっています!
●本書では、主なWebテストの実施企業を掲載しています!
Webテストの種類ごとに、どの企業が実施したかが一目でわかります。
●「WEBテスティングサービス」と「TG-WEB」は性格検査も掲載!
TG-WEB」はなんと複数の性格検査があり、それらを組み合わせて、受験者をより精密に分析しているのです。そして、実は、これらの性格検査で、受験者は大幅に振るい落とされるのです。

●他に頻繁に使われるWebテストとして「玉手箱」や「テストセンター」があります。
●「玉手箱」に関しては、本書の姉妹版「Webテスト(1)完全対策」をご活用ください。
●「テストセンター」に関しては、本書の姉妹版「SPI2&テストセンター出るとこだけ!完全対策」をご活用ください。
●そのほか、マークシート方式の筆記試験として、「SPI2」「CAB」「GAB」などが有名です。
●「SPI2」に関しては、本書の姉妹版「SPI2&テストセンター出るとこだけ!完全対策」をご活用ください。
●「CAB」「GAB」に関しては、本書の姉妹版「CABGAB完全対策」をご活用ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Webテスト対策にご活用ください!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

●ブログ「就活ネットワークの就職試験完全対策!」にて、最新情報を公開しています。Webテストやテストセンターの仕様の変更などがあれば、ブログにて随時掲載します。
●本書は、SHL社製のWebテスト「玉手箱」の対策問題集です。「玉手箱」は、Webテストの中で最も多く使われています。Webテストは採用選考の初期段階で実施されるので、他の筆記試験よりも先に、本書を使って、Webテスト「玉手箱」の対策をしましょう!
●SHL社製のWebテスト「玉手箱」は、3種類の計数能力検査、3種類の言語能力検査、2種類の英語能力検査、性格検査、意欲検査で構成されています。企業ごとに科目の組合せを変えて出題されます。
●特に、難しいのは「欠落した表の計算」と呼ばれる計数能力検査です。これは表の中の1か所が「?」マークになっていて、表中のそのほかの数値から法則性を読み解き、「?」マークに該当する数値を答える設問です。この「欠落した表の計算」を実物と同じ20問再現しているので、十分な練習をすることが出来ます。
「欠落した表の計算」を実物と同じ問題数で再現しているのは本書だけです!
●主なWebテストの実施企業を掲載しています!
Webテストの種類ごとに、どの企業が実施したかが一目でわかります。
●「玉手箱」の性格検査と意欲検査も掲載!
「玉手箱」には性格検査だけでなく、意欲検査もあるのです。実は、これらの性格検査と意欲検査で、受験者は大幅に振るい落とされるのです。

●「玉手箱」の他に頻繁に使われるWebテストには「WEBテスティングサービス」「TG-WEB」「Web-CAB」「テストセンター」があります。
●「WEBテスティングサービス」「TG-WEB」「Web-CAB」に関しては、本書の姉妹版「Webテスト(2)完全対策」をご活用ください。
●「テストセンター」に関しては、本書の姉妹版「SPI2&テストセンター出るとこだけ!完全対策」をご活用ください。
●そのほか、マークシート方式の筆記試験として、「SPI2」「CAB」「GAB」などが有名です。
●「SPI2」に関しては、本書の姉妹版「SPI2&テストセンター出るとこだけ!完全対策」をご活用ください。
●「CAB」「GAB」に関しては、本書の姉妹版「CAB・GAB完全対策」をご活用ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

【内容説明】

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

●昨年度において、「実際のSPI2やテストセンターとそっくりの問題が載っていた!」「解説が丁寧でわかりやすかった!」と読者から好評を得て、増刷に次ぐ増刷をし、なんと5刷までさせていただきました!
その大好評だった「SPI2&テストセンター出るとこだけ!完全対策」の2009年度版が刊行されました!!
●2009度版では、SPI2やテストセンターで頻出の推論問題を増強しました。また、最新情報を取り入れて、テストセンターの解説をさらに読者の役立つものにしました。
●ブログ就活ネットワークの就職試験完全対策! にて、最新情報を公開中。Webテストやテストセンターなどの仕様の変更などがあれば、ブログにて随時掲載します。
●本書はSPI2とテストセンターの対策問題集です。テストセンターの独自の問題まで再現しているのは、本書だけです!

【本書の6つの特徴をご紹介します! 】
【1】実際に受験した学生が問題を再現!
SPI2では過去問題が公開されていないため、間違った情報の対策本が多いのです。
そこで、本書では実際にSPI2を受験した学生が数多く集まり、その記憶をもとにジャンル・問題傾向のすべてにおいてSPI2の問題を正確に再現しました。
【2】新方式の「テストセンター」に対応!
会場のパソコンで受験する「テストセンター」方式のSPI2が、ここ数年で主流になろうとしています。
テストセンターは最近登場した方式のため、詳しい情報まで掲載している書籍は、まだまだ少ないのが現状です。そのため、今までの学生は情報もなしに、いきなり受験することになり、大変苦労していたのです。
そこで、本書はテストセンターの出題範囲と攻略法を掲載しました。また、実際にテストセンターを受験した多くの学生の証言をもとに、テストセンター独自問題も再現しました!
【3】SPI2の頻出問題のみ掲載!一夜漬け学習が可能!
「就活中は忙しいので、一夜漬けでSPI2の対策をしたい」という多くの学生の声にこたえるため、本書ではSPI2で頻出のジャンルのみを載せました。
また、出題頻度が高い問題と、対策効果が高い問題だけを厳選して掲載しています。ですから、短時間での効率的な学習が可能です!
【4】似たジャンルの問題をひとまとめに学習!
SPI2の計数問題は言語問題に比べて出題範囲が多岐にわたっています。ただし、似たジャンルや関連するジャンルも多いので、それらをまとめて学習すると効果的です。
そこで、本書の計数問題で、似たジャンル、関連するジャンルの問題を工夫して並べ、学習しやすくしました。
【5】数学の苦手な人、国語の苦手な人でもわかりやすい!
「数学の解説は文系でもわかりやすく、国語の解説は理系でもわかりやすくする」をテーマに本書の解説を作りました。
そのために、本書の解説の作成にあたっては、数学の苦手な大学生、国語の手な大学生の協力を得て、解説がわかりやすいかを実際にチェックしてもらっています!
【6】電車の中でも読みやすい!見開き完結方式の本!
「就職活動中は忙しいので、通学電車の中や食事中でも読みやすいSPI2対策本が欲しい」「解答・解説を読むために、いちいちページをとばしたり、戻ったりするのは面倒だ」といった多くの学生の声にこたえるため、「見開き完結」のスタイルで作りました。
見開きの左ページに設問、右ページに解答・解説が載っているので、ページをとばしたり、戻ったりする必要がありません。いつでもどこでも読みやすく作られています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示