サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Nuhualpilliさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

Nuhualpilliさんのレビュー一覧

投稿者:Nuhualpilli

1 件中 1 件~ 1 件を表示

世界の〈水道民営化〉の実態と、それに対抗して立ち上がった人々の記録

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

途上国の大都市に鳴り物入りで導入された、水道民営化プロジェクトの数々。
「より質の高いサービスが外国資本の水企業によって届けられる」というのは、単に口約束に終わり、世界名だたる水企業も「もうからん」と、次々と民営化プロジェクトから撤退。BBCやCNNで世界中を駆けめぐった「コチャバンバ(ボリビア)の水紛争」ですが、他のサービスとは性格の異なる「水」の運営を、誰が主体となって行うのか、を問い、市場の論理ではない運営方法を市民が模索する、象徴となった出来事でした。そして、水の民営化への反対運動は地域で、国で、国際レベルで高揚しつつあります。

本書は、なぜ、どのように1990年代から民営化が進められてきたのか、という歴史的考察で始まり、その後、世界17地域(国)の「水の民営化事例」と「民間企業から人々の手に取り戻した(しつつある)事例」が掲載されています。

では、日本の現状はどうなのでしょう?そう考えたときに、スーザン・ジョージの日本の読者へメッセージが響きます:「日本のみなさん、本書を読めば、公共水道を守ることの意義、守らなかったらどうなるか、そして世界の人々がいかに闘い、勝利したのかを理解できます。」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示