サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. @翔@さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

@翔@さんのレビュー一覧

投稿者:@翔@

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本家守綺譚

2007/09/14 00:20

ゆっくりとした時間の流れを感じられる一冊

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

梨木香歩さんの作品は以前から好きで、からくりからくさ、裏庭、西の魔女が死んだと読ませていただきました。
久しぶりに彼女の作品をと思って手に取った今回の「家守奇譚」。
最初は薄くてすぐに読めそうという理由で本屋で購入したのですが、
あっというまに引き込まれてしまいました。

この話の舞台でもあるちょっと昔の日本の風景。
自然と同じ時間の流れのなかの暮らし。
私好みの世界感でこんな暮らしがしたいなぁと終始思っていました。

この話の魅力の一つは独特の不思議な世界だと思います。
脱皮する河童や小鬼、家の主人に恋をするサルスベリ。
たつのおとしごを孕む木蓮の木。
死んだ友人が掛け軸の中から出てきたりと、不思議なことがたくさんあるにもかかわらず、
誰も疑問に思うこともせずうけいれている。
それどころかそれに対する対処法を誰もが心得ている。
とっても素敵な世界です。

さらに素敵だと思うのは、目次を見れば分かると思うのですが、物語のいたるところにでてくる草花の存在。
名前は知っているけれど実際には見たことのない花。
思わず植物図鑑を開いて確認したくなること間違いなしだと思います。
あいにく私の書架にはそれがなかったのですが・・・

梨木さんの描くちょっと古風な物語が好きな方にはとてもおすすめな一冊です。

この物語と少しリンクひているという村田エフェンディ滞土録も読んでみたいと思う今日この頃です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本池袋ウエストゲートパーク

2007/07/28 12:23

内容の重さを感じさせない疾走感

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

随分前に購入して今更ですが読んでみました。
現代の若者の間にあふれる問題を扱っていて過激な描写も多いのですが、さくさくと読み進むことが出来ました。
石田さんの書く文章はどんな内容を扱っていても知的さにあふれていてどこかやわらかいところが魅力だと思います。

ページをめくる手が止まらずあっという間に読めてしまう一冊です。
出てくるキャラクター一人ひとりの個性も光っていて軽快なテンポで物語が進んでいきます。
ぜひ他のシリーズも読んでみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示