サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 妄想婦人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

妄想婦人さんのレビュー一覧

投稿者:妄想婦人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

スポーツニュースは恐い→「だから見るな!」という意味ではない。

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私たちがスポーツニュースと接するのは、わりとリラックスしている時ではないかと思う。通勤電車内、昼休み、家のトイレ、風呂、あるいは寝る前ビールなどを片手に。
そしてそれは“熟読”とか“集中して”というよりはむしろリラックスタイムに、読み(聞き)流すように楽しんでいるのではないだろうか。結果や事実(またはそれに近いもの)さえ確認できればOKというのがニュースの見方の一つだからだ。

しかし時にスポーツニュースは、結果や事実だけでなく、伝え手側の観念などもさりげなく連れてくる。それを読み手(聞き手)はリラックス中に、無意識のうちになんとなく受け止めている。伝え手が親しみを持たせようして発するメッセージが、無意識に読み手(聞き手)に受け止められていることで、目に見えないが意外に大きな事象を生み出していたりする。

この本はその仕組み、また日々発せられ受けとめられるさまざまなメッセージなど、実際の記事を使って具体的に説明されている。この本を読み終えた後には、今までとはまた違う自分なりのスポーツニュースの見方ができるようになるかもしれない。

スポーツに詳しいとはいえない私にでも分かりやすく、楽しむ事ができた。また難解な語彙をほとんど使わず、カタカナ言葉も読み手が理解できるように配慮されていることも、楽しく読むことができた理由の一つだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示