サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. コバちゃんさんのレビュー一覧

コバちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:コバちゃん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

セレブはぜったい太らない

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 読み進めるうちにタイトル名に込められた「真の意味」が分かりかけてきました。
著者は自身の海外留学を「遊学」と謙遜していますが、遊学どころか貴重な体験をされてきたと思います。その体験は本物を学び、本物を知るものであったろうと思います。
 彼女の人としての高い教養に裏付けられた『やわらかなセレブ感』は、一人の素晴らしい『奥ゆかしい女性美』に昇華しています。けっして褒め過ぎではありません。
 著者のプロフィール写真にわずかに写るピンクのショパール?の時計がパッピーさをクルクルと可愛らしく演出しています。
穏やかでいて、かつ凛としたセレブ感・・それは彼女が愛してやまなかった祖父母の立ち振る舞いや、やさしい教えに感化された思い出の日々に源があるのかも知れません。まさにDNAは受け継がれるものですね。
彼女は恵まれた環境に決して甘んじることなく、『自由の翼』を求めた女性(ひと)なのでしょう。あどけない彼女が自ら築いた経済的自由への扉は、彼女の生命力あるプライドにより開かれました。
 この本は巷誤って喧伝される「セレブ云々」に正直に問いかけています。その問いかけと正しい指摘は厳しくも、節度あるやさしささえ感じられます。彼女がこの著書のタイトルで伝えたい真の意味は『深いものがある』と思います。それを理解された女性は幸せになれる気がします。
 なぜなら独身の私(男性)がどこか遠く求めていた素敵な女性(ひと)が見つかった思いがしているからです。・・せめて夢のなかでお会いしたいものです。叶うなら年代ものの愛車ジャガーの後席に乗せ、シャンデリアの美しいトゥールダルジャンの中央席にエスコートさせてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3番手美人の法則

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私は、浜松市の男性です。 以前著者の松真理子さんが書かれた「マンション&不動産投資であなたもプチセレブ」を読んだことがあります。少しカテゴリーが違っていたので、ハテ?思いながらも取り寄せてみました。
 この本に書かれていることには多くの共感を覚えました。たとえば「さよならの際には3秒間手を振って見送る」のくだりには、かつて交際した鎌倉出身のお嬢さんが終電の新幹線でいつも深々と(それこそ3秒間でした)お辞儀をして見送っていてくれたことを思い出しました。人としての教養に培われたその姿勢に、深い信頼を抱くことが出来ました。
 この本は著者の自慢話でも、巷あふれる恋愛ハウツー本でもありません。著者自身の知的感性と理性、そして小さな気づきを大切にする、ささやかな心がけともいえる日常の実践から著された内容だと思います。素直な気持ちで読んでいただければ、女性のみならず私のような独身男性にもきっと『幸せになれる小さな気づき』を発見されると思います。
この小さな気づきを自分自身に取り組めば、きっと良い人生を送れるような気がしました。
 彼女は上質で素敵な出会いを応援してくれています。そして巡り合えた男女が互いを尊重し合え、幸せな交際が続くように願っています。時に相手の過ちをも「許し、そして忘れること」で過去についても芯の強い女性になれ、新たな人生に立ち向かえる女性になれることを教示しています。
きっと考え方を修正することで常にマインドアップをしているのでしょうね。
 また、女性としての主体的な生き方を恋愛においても実現する一つのヒントとして『不動産投資による経済的自由』による生活経済の自立を示唆しているところなど、さすがに実践不動産投家を彷彿させます。その辺りは彼女ならではの体験的著述だと思います。正直、男性からみても経済的教養を高めた女性はとても尊敬できるようなところがありますね。
 男性のみなさん、こんな女性となら話題も豊富で、一日中お茶していても楽しいと思いませんか。人生でもビジネスでもパートナーになれる女性なんて最高に魅力的ですね。
読後の余韻・・・なにより年齢に関りなく純真な「少女の心」を持ち続ける松真理子さんはとても可愛いですね。
 著者はステップアップにふさわしい言葉遣いだけでなく、ボイストーンにも気配りをしているそうです。きっと天使のような穏やかな「ハニーボイス」の持ち主なのでしょう。
 そんな女性にささやかれながら楽しい食事をしたいものですね。人生の一幕にはアンコールがあってもいいですよね。いつの日か素敵な出会いを願いシャンベルタンで乾杯!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示