サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hamada-ichiさんのレビュー一覧

hamada-ichiさんのレビュー一覧

投稿者:hamada-ichi

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本できる男に見せる法

2008/02/20 16:18

異才の末路

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大分昔に古本屋でそのタイトルに興味を覚え手にとった。「できる男になる方法」ではなく、「できる男に見せる方法」だった。「なる」んではなく、「見せる」のである。その当時から始まった本物志向に潜むまやかしを、その著者はすでに看破していた。いわゆるマニュアル本なのだが、内容たっぷりで読み物としても面白い。この著者の才能はズバ抜けており、一般社会では理解されず、居場所を獲得することは難しいだろうと思った。僕の中では、この男を勝手に社会的に抹殺してしまっていた。著者からすればいい迷惑だが、この異才の本河裕という男の末路をいつも気にかけていた。

時は経ち、本屋で似たような本を手にとっては、「本河裕には遠く及ばない・・・」とつぶやいた。ようやく同じようなレベルの著者が現れた。樋口裕一なるおっさんだった。何か考え方が本河裕に似ているような気がして複雑な気分であった。ある時この樋口裕一が雑誌で3W5W1Hを説明していた。そう、この「できる男に見せる方法」のコアの部分だ。すぐにネットで調べると出身地と出身校から同一人物だと分かった。

2冊の著書を残して消えてしまった男は、別の名前で大学の教授になり、有名なベストセラー作家になっていたのであった。「できる男に見せる方法」は「できる男になる方法」であった。そういう意味でこの本は生きている。樋口裕一の愛読者は、樋口裕一よりも才気走った男をそこに発見するだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示