サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ジャムは苺が一番さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ジャムは苺が一番さんのレビュー一覧

投稿者:ジャムは苺が一番

1 件中 1 件~ 1 件を表示

平成の羅針盤

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 産業や景気、経営、教育など、現代の産業社会を論じた本が数あるなかで、ひさびさに硬派の論評といえる。
 読者に媚びることなく、かといって突き放すわけでもなく、うつ病など「こころの病」と接し続けてきた著者の真剣なまなざしがある。

 目の前にいる人材を育てない行為は、働く人たちの労働意欲を削ぎ、結果としてこころの病気を発生させ、労働者たちから安心できる場をなくしてしまう。
 育てるというより、場さえ提供されれば、人は育つものという主張には、素直に共感できた。
 あるシンポジウムで、潜在能力についての意見を聞く機会があった。パネリストとしての著者が提示した「既存条件選択説」ともいうべき理論は、この本のなかにもあった。うまい例えである。
 職場内での回し読みが終わったところで、意見交換会が予定されている。

 奥行きと味わい深い内容は、人材教育関係者にとどまらず、広く受け入れられてゆくことだろう。互いに学ぶといった姿勢は、これから少子化が進む中でますます見直されなければならない。

 さまよう平成の羅針盤といえよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示