サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 福田正秀さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

福田正秀さんのレビュー一覧

投稿者:福田正秀

1 件中 1 件~ 1 件を表示

第29回熊日出版文化賞

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

熊本日日新聞社主催
『第29回熊日出版文化賞』受賞
☆選考委員評☆ (2008年2月16日熊本日日新聞「熊日出版文化賞」決定報道より)
●諸説ある清正の妻子関係を文献や墓碑調査などから検証した。
●イメージが先行しがちな清正とその妻子の実像を客観的に実証した。
●墓や寺に足を運び、歴史科学の視点からアプローチしている。

☆節目の年の受賞に感激☆(2008年2月16日熊本日日新聞「受賞者コメント」)
●著者・福田正秀さん(59)=熊本市 歴史研究家
熊本城築城400年の節目に賞をいただき感激している。水野さんと膨大な資料を調べ、新たな事実を掘り起こすことに力を入れた。
これまで根拠なく語られてきた説ではなく、清正の妻子に関する真実の姿が語られるよう期待している。

☆『第29回熊日出版文化賞』受賞作の魅力(2008年2月24日熊本日日新聞)
●<謎多かった家系、真実に迫る労作>
 封建時代の系譜について女性の記録は少ないし、系譜の誤謬も多い。それぞれの時代を家と子供のために必死に生きた女性たち、その真実をこのように明らかにする研究に敬意を表したい。 富田紘一(熊本市文化財専門相談員)

◎書評

☆『散文月評』(2007年11月25日熊本日日新聞より)
●資料考証、実地踏査を踏まえてもたらされた史実にも驚かされるが、文章のうまさも加わり謎解きの面白さを追体験できる。資料に残りにくい女性を系図に復元するという意表をついたテーマと整然とした論証は、むしゃんよか、の一言に尽きる。 古江研也(熊本電波高専教授=日本近代文学)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示