サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 早春さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

早春さんのレビュー一覧

投稿者:早春

1 件中 1 件~ 1 件を表示

タイトルが悪い、でも・・

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数日かけて一度読み、読み終えた翌日に再度読み直してその日に読み終えました。
すぐに二回目を読んだという経験は何年かぶりです。
タイトルは「確率的発想法ー数学を日常に活かす」ですが、内容がこんなにもタイトルと乖離している本もまた初めてです。
私がタイトルをつけるとしたら「確率理論から正義について考える」とでもします。
本の帯には「予想的中!天気予報からリスク論まで、先を見通す推論のテクニック」とありますが、ここまでいくと詐欺的です。
この本には「先を見通すテクニック」のことなどなにも書いてありません。
そのかわり、確率理論からみて「自由とは何か」、「責任とは何か」あげくには「形而上的罪(宗教的罪)とは何か」ということまで書いてあります。
「人々の内面には過去を最適化することへの欲求が厳然と存在してい」るとして著者は<過去の再最適化>ということを主張します。
例えば、保険を掛けるという最適化された行動をとった人が、事故にあってその保険金の支払いを受ける。
同じように保険を掛けた人が幸いにも事故にあわずにすむ。
一方、保険を掛けなかった人で事故にあった人は、自己への遭遇という形で支払いをしている。
とすれば、この場合支払いをしていないのは保険を掛けずに事故にあわなかった人だけだということになります。
この場合に、支払いを免れたことを「幸運」とするのか「罪」とするのか。
もし、「罪」を自覚できるなら、事後的な支払いによって、過去を再最適化できる。
そのような富の移転が是とされるような社会の構想にまでこの書は及んでいます。
自分がどのような倫理的感受性を持っているかをこの書によって内省する機会を得ました。
お勧めです。
くれぐれもタイトルに騙されませんように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示