サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ごまちんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ごまちんさんのレビュー一覧

投稿者:ごまちん

5 件中 1 件~ 5 件を表示

佳川さんファン、これだけは必読

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

毎月著作を世に送り出すことがこの著者の生きがいであり、本人曰く現世でのミッションであるらしい。事実、彼女のエッセイストとしてのキャリアに比し、出版著作数の何と多いこと。しかし今日までに出版された全著作にて展開される理論は全て本書が基になっている、といっても過言ではありません(ちなみに本書の改訂・補完版が「幸せがむこうからやってくる!」です)。換言すれば、最低限本書だけ押えていれば他の著作は(極端な話)読まなくてもいい。佳川奈未ファンには必読の書といえるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心が乾いたときに是非・・・

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の過去ブログから抜粋した数々の「良いお話」を1冊に纏めたものです。著者の「成功法則」に関する数々の代表作とは少々毛色が違いますが、本書に収められた一つ一つのお話は、特に心に元気がないとき、ジーンと響きます。仕事がハードで心がカサカサになってきた時、人間関係に疲れたとき、辛いことがあったとき、この本を開いてみてください。立ち直りのヒントを与えてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者自身が前世に囚われている・・・?

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この著者のブログがありますので、興味ある方は一度チェックされた上で本書をお読みになると、著者自身そして本書の内容についてより理解が深まると思います。http://miraclenami.blog117.fc2.com/
本書では、著者が受けた「前世・退行セラピー」で明らかになった彼女自身の前世と、現世で果たすべき彼女のミッションが見事にリンクしている、という話から、今をピュアな心で懸命に生きることの大切さを説こうとしているようです。
ただ(あくまで私見ですが)この本以降、彼女の著作の作風に何か変化が生じた気がします。
彼女自身が何か、前世に囚われているような・・・
上記に紹介したブログによると、著者(離婚経験者です)には最近恋人ができたようです。ブログの内容からすると、二人は「魂のレベルから深く愛し合っている」とのことですが、結婚を考えている様子は微塵も感じられません。
件の「前世・退行セラピー」で、前世の彼女(フランス人マリア:やはり離婚経験あり)は晩年、心から愛することのできる素晴らしい男性と出会いますが、結局結婚という形をとることなく一生を終えたというストーリーになっています。
これは、本書の記述通り「前世と現世は見事にリンクしている」ことの証なのか、はたまた本書内容と著者自身の人生の辻褄を合わせるため、彼女が結婚したい思いを押し殺しているのか、どう解釈するかは読者の皆さん次第です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本捨てればひろえる幸運の法則

2008/05/16 14:43

「法則」と「現実」のギャップ

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の教えに従ってか、見た目には充分使える洋服・下着を少々古くなったからとポンポン捨てていた妹が、親に「勿体無い!」とこっぴどく叱られていました。
「古いものには停滞した波動、新しいものにはポジティブな波動が宿る」そう指摘されると何だか古い物を持つのが恐い気にさえなってくるのがこれまた恐ろしい。が、一方で、まだ充分使える物を波動云々という理由であっさり捨ててしまうのは、例えば貧しい国の人々のことを考えると、人間として決して良いことをしているように思えません。尤も、自己の価値観本位に論理を展開、しかも世間知らずで「オメデタイ」傾向のある著者、この件については「いつまでも古い物を溜め込むから、(発展途上国の人々は)貧しいままなのよ!」とあっさり言い放ちそうで怖いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

引き寄せの法則を知るには、他の著作の方が・・・

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文章が平易で、とっつきやすい本ですが、やや著者自身の生い立ちや体験を多く引用するきらいがあり(この著者の最近の著作には全て同様の傾向があります)若干偏った印象を与えます。この著者のファンであればともかく、「引き寄せの法則」に興味のある方は、他の著者をあたるのが正解と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示