サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. イッキーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

イッキーさんのレビュー一覧

投稿者:イッキー

2 件中 1 件~ 2 件を表示

等身大の暮らしを選んだ人たち

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 有機無農薬栽培を「自然農」と呼んでいる人がいたり、耕さなくても専用の機械で田植えをしていたり(自然耕)、さまざまな栽培方法があるが、奈良県の川口由一さんが提唱している「自然農」には、耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としないという基準がある。
 本書は、その川口さんの自然農を学び、全国各地で実践している人たちを訪ねたルポルタージュである。写真集としては小さめながらも、B5変形判の写真は迫力があり、草や虫とともに野菜やお米がのびのび育っている様子がよくわかる。また、自らの田畑に立っている登場人物の表情も明るく、のびのびしていることが感じられ、その人物も田畑と一体化したような印象さえ受ける。
 インタビューのページでは、どうして自然農を始めたのかその動機がつづられている。川口さん自身は、家業の農家を継いで農薬や除草剤を使った農業で体を壊し、この道に進んだという。若い人たちは、有機農家で研修をしたものの、耕して、堆肥をすき込んで、手で除草をするという作業になじめず、自然農の豊かな世界にみせられた人も多いようだ。著者の淡々とした文章によって、逆にそれぞれの人生観がくっきりと浮かび上がってくる。
「命の営みにひたすら沿う自然農は、この世界に何ら問題を招かず、永続可能な農のあり方なのです。これからは『何かしないといけない』という考え方はいりません。余計なことをしないことがたいせつです。環境問題にしても、問題を解決するのではなくて、問題を招かない生き方をすることです」(本文より)
 川口さんの言葉は、一人ひとりが変わらなければ、社会は変わらないことを教えてくれる。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とても欲張りなカレー本

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『インドごはん』を読んでから、この著者のレシピ本が早く出ないかと心待ちにしていました。前作にもレシピは載っていますが、逆にエッセイ部分がおもしろすぎて……(笑。冒頭で「とても欲張りな本を作ってみました」とあるように、インドカレー、アジアカレー、欧風カレー、スープカレー、市販の固形ルーを使ったカレー、デザートまで、56のレシピが掲載されています。プロセス写真も豊富に入っているほか、ワンポイントアドバイスがたくさんあって、まさに「かゆいところに手が届く」本です。スタイリングには、その地方の文化に関係する染織布などが使われています。表紙に出ているインド女性は何かと思ったら、なんとTシャツの柄なんだとか。手元に置いて、1年中使い倒したいカレー本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示