サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. プータオさんのレビュー一覧

プータオさんのレビュー一覧

投稿者:プータオ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

東北タイ語も含め文化的

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の魅力的な部分は、先ず「東北タイ語」だと思う。観光化されたタイではなく、素朴なタイの魅力があるこの地域は、小説その他で紹介されたことはあっても語学書に載ることはなかったはず。語句の欄では方言の標準語(訳)が付いており、この部分は学ぶ上でとても役に立ちそうです。また、言葉を文化という位置付けで書かれているようで、他の「すぐに役立つ」的入門書や、詳細な文法を追及した研究書的入門書とは全く一線を画した著者のコンセプトが伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タイ語スピーキング

2011/01/23 18:24

これまでにないパターンの会話書

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 各サイトに掲載された目次だけ見ると、他の会話教材と何ら変わらないが、中身を見た感じでは劇の台本のようだ。1話につき8コマ、全24話の漫画で構成されているが、それぞれ起承転結が面白く表現されている。1話に何らかのタイらしいトラブルやハプニングがあり、主人公の気持ちの揺れを案外初級のタイ語で表しているところが多いように感じた。連ドラのように、ある話が後の後の伏線になっていているようだ。
 CDはナチュラルスピードに近く、感情の起伏も入り現地独特の会話を再現したような印象がある。オーバーアクトだが、これをシャドーイングすると現地の音源にかなり近付けるのではないかと思った。男性部分のシャドーイングがないのが唯一残念である。
 筆者は1割の単語の聞き取りと5割のカンで会話がある程度成立する重要性を強調し、(まだ詳しく読んいないが)その理由や聞き取り手法を記述しているので参考になりそうだ。
 とにかく、これまでの会話集とはかなり違い、よそ行きの会話書から脱皮した感じがする。それと同書は中級向けらしいので内容はそれなりに難しいが、単語が少なくても発音が間違っていても、タイ人と話したいという気持ちの方がもっと大切と説得しているところが気に入った。
 案の定、旅の終盤で方言(北タイ語)が出てくるが、ここで方言を使った理由を最後のコラムで締めくくっていた。
 1話ごとのにこれまでの定型会話を少し応用した表現集もあり、写真をとるとき、とってもらうときの表現などすぐに使えそうなものも意外と多い。
初歩の会話を卒業した人のステップアップにおすすめです。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示