サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 学者くずれさんのレビュー一覧

学者くずれさんのレビュー一覧

投稿者:学者くずれ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本〈宗教化〉する現代思想

2008/07/13 10:02

<宗教化>する現代思想

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本の<あとがき>で、著者は統一教会に所属していた経験を本にしないかと勧められ、その理由が書かれている。著者によると、統一教会を脱会したあと、その経験を書こうとしたことがあったようだが、結局、書かなかったようだ。今も書かない理由として、彼に<深い>問いかけをしてくれる人がいないので書かないようなことを書いているが、だからといって、著者自身、<深い>問いかけそのものがどういうものなのか、分からないというようなことを書いている。
 彼の著作の多くを読んできた<気持ちの悪い>読者である私には、彼が統一教会そのものの経験をインタビューを通して語ったものを彼の本の後半に掲載したものを除いて、彼がまともに向き合って統一教会について書いてこなかったことがあるにしても、たとえば、彼の修士論文や博士論文を通して、彼が統一教会に所属して考え、生きた経験がそれらの論文の余白にあふれているように感じたと言えば、言いすぎだろうか。
 彼が多くの著書において、統一教会そのものをテーマにしてずばり書くということと次元は異なるとしても、<対象化>できないものを<対象化>することではなく、<対象化>できないものがあるということを書き続け、それに耐える姿勢を主張してきたと勝手に解釈している私にとって、この<あとがき>を読んで思うことは、彼が統一教会についてまともに書かないことが、彼がこれまで本を書き、今も書き、これからもおそらく書くだろうという行為のエネルギーになっているように思えるのだが。
 だからといって、彼が将来、統一教会についてまともに書くことがあったとして、彼の本を書くというエネルギーが枯れるとも言えないのだが。

 まわりくどい書き方をしてきたが、彼の統一教会での経験が、彼が書く一連の著書の隠し味となって、彼の著書に時々登場する<宮台真司>がどんなにあがいても出せない味が出せている、というのが私の率直な感想だ。これまた<気持ち悪いこと>を書くが、消費できない著書があり、著者がいる、ということだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示