サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 熱血教授さんのレビュー一覧

熱血教授さんのレビュー一覧

投稿者:熱血教授

5 件中 1 件~ 5 件を表示

競争志向型マーケティング戦略を提唱する実用書

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第2章の「経営戦略からマーケティング戦略を切る」だけでも読む価値のある本。マーケティング戦略の立案を「戦略フレームの選択」→「戦略コンテンツの策定」という2段階に分けて行う思考プロセスは画期的で、これによって戦略というものがよく理解できる。

また、超競争時代に対応した新しい市場ポジションの分類や「市場細分化」ではなく「市場再分化」の考え方など、ポスト顧客志向の新しいマーケティング戦略を提唱している。実例や図、表なども豊富で非常に読みやすい。

コンサルタントや中小企業診断士のブログなどでも多数紹介されており、マーケティングに携わっているのであれば、必読の書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

固定概念を打ち破るマーケティング戦略書

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いくつかのメルマガで本書がマーケターの必読書として薦められている.

マーケティングに関する本は書店に行けば山ほどあり,また,大学やセミナーなどでマーケティングの講座が数多く設けられている.にもかかわらず,なぜ市場には差別的優位性のない類似品が氾濫してしまうのか?

伝統的な戦略→戦術のマーケティングでは,今日の超競争時代は生き残っていけないのか?

二人の世界的に有名な戦略コンサルタントが長年のコンサルティング経験から得た結論は,戦術が戦略を決定する,つまり,最初に戦術を見出し,それを全社的な戦略へと高めていく逆転の発想が,競争優位性を生み出す最大のポイントとなることである.日本語版は,我々日本人に馴染みのある日本の事例が訳者によって新たに挿入されており,非常に分かりやすい内容となっている.

行き詰まりを感じているマーケター,競争で窮地に立たされている経営者,従来のマーケティングに疑問を感じている全てのビジネスパーソンにとり,固定概念を“打ち破る”一冊であることは間違いない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

教養の重要性を説く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表面的な変化に惑わされないために必要なのは教養である。教養が生きていく上でいかに大切かがわかるのが、この書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本競争としてのマーケティング

2017/01/24 20:08

マーケティングに疑問を持つ多くの人のために

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マーケティングと言えばコトラー。そのコトラーが提唱する顧客第一主義を実践しても、今日の厳しい企業間競争には勝ち残れないことを、多くのビジネスパーソンが骨身に染みて感じているはずだ。

現場を熟知していない学者が振りかざす理論よりも、現場を知り尽くしたアル・ライズとジャック・トラウトが唱える理念の方が、実践的であることは明らかである。ここに本書を読む価値がある。

原書にはない日本の事例を使っての解説は分かり安く、第一線に立つビジネスパーソン、特にマーケティングに疑問を持つ人には必読書と言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

後悔しないために!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

平均寿命も延び、定年後をどう過ごすかは多くの人にとっての課題である。定年間際になってあわてても遅い。しっかりと準備をすることだが、さて何から始めてよいのか?

本書を読んでぬかりなく準備をしてください。後悔しないためにも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示