サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. たそがれ1212さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

たそがれ1212さんのレビュー一覧

投稿者:たそがれ1212

20 件中 1 件~ 15 件を表示

知ってる?監督が主人公のサッカー漫画

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

出た!遂に出た!既成のサッカー漫画に楔を打ち込む革新的マンガの登場だ! 『キャプテン翼』に代表されるように、サッカーマンガは数あれど、そのどれもがプレイヤーが主人公であった。しかーし、この作品は現役を引退した元サッカー選手の監督が主人公なのである。主人公が監督だもの、ユニフォームは着ないし、点も取らない。もちろんピッチの上を走ることもありません。「そんなの面白いの?」分かります、その疑問。でもね、それがメチャクチャ面白いのです。破天荒な監督・達海と交わる様々な立場の人間たちの葛藤が、読む者の心を揺さぶるのです。
試合中の選手起用、戦術分析、練習メニュー、サポーターとの確執...まだまだあります、雑誌編集者との関係やライバル監督・チームとの壮絶な戦いまで、監督ってこんなにも“画”になるんです!その驚嘆の面白さはサッカーファン必見です!日本代表監督を論議するなら、まず『GIANT KILING』を熟読すべし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本みぞれ

2008/10/14 20:20

ハッピーエンドじゃないけれど…童話のような読後感

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

重松節炸裂の文庫オリジナル短編集。
どのお話もハッピーエンドというわけではないけれど、ラストにはささやかな優しい光が一筋、人物たちを照らします。その光が導く先は幸福かそれとも不幸か…ここでは完結しない諸々のお話たち。「描かなかったその先の世界は、読んだ皆さんが紡いでいってください」そんな作者からのメッセージを感じます。
 陽のあたる午後に、そっと読みはじめてみてください。童話のような語り口に心が静まり、刻が心を温めてくれるはず……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遂に完結!!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三国志を取り上げたマンガが数あれど、いずれもベースになっているのは『三国志演義』であり、劉備が主人公のモノがほとんど。そんな中、正史を基に曹操を主人公に置くという新たな視点で描かれた三国志マンガ、それが『蒼天航路』だった。20巻以降、突然変異ともいうべき作者の画力の向上!まるで魂が宿っているかのような、完成されたその圧倒的なスケール!!まさに三国志を描くにふさわしい偉大な画力である。歴史絵巻としてクールかつ各個人を平等に描かく印象のある横山光輝『三国志』に比べ、作者の想像力を如何なく発揮し、とことんまで個人の人間性を掘り下げ、キャラクターを描き切る王欣太『蒼天航路』。この作品に登場した愛すべきキャラクターの数々。開花した画力による魅力はもちろんのこと、これまで語られてきた三国志が作り上げた固定したキャラクターのイメージを一新した功績は偉大ではなかろうか。きっと拒否反応を起こした三国志ファンも少なくないはず。でもこのような三国志マンガがあってもいいじゃないか。いやむしろ、三国志の事実はこちらの方が近いのかもしれない。三国志に描かれる人物の面白さ、その点において『蒼天航路』の右に出る作品はいまのところ無い!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「楽勉」の極意!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「楽しんで勉強する」略して「楽勉」。筆者はその極意を豊富な具体例を挙げて紹介している。抽象的な精神論に固執するような胡散臭い育児書ではなく、子どもを勉強好きにさせるための強引な教育書でもない。親子のコミュニケーションの重要性を終始説いた内容は、具体的事例の数々とあいまって「なるほど!」「やってみよう!」と感心させられることしきり。
読後、「これで自分の子も東大なんて目じゃないな」と錯覚してしまったほどである。
企業の若手育成にも応用できそうな内容は、ぜひとも各界の教育・育成担当者にも読んでほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夢あるバンドマン、特に売れないバンドマン 必読!!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あさのいにお最高です。『ソラニン』涙が止まりません…理不尽で身勝手で我儘な社会に生きる若者たちの夢と希望と絶望と挫折と性欲と恋と見栄と虚栄心とだからやっぱり青春!!決してドラマチックじゃない淡々と描かれる日常がリアルで、きっと誰もがその物語に共感することだろう。「根拠のない自信」「やり場のない不満」「しょっぱい現実と不安」それらが重くはないが、毛布に包まれるように心地よく伝わってくるストーリーはやはり切ない。でも決して悲しくはないのである。若者諸君、『ソラニン』を読んで、居酒屋でチープな青春を語ろうじゃないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本機動警察パトレイバー 1

2008/10/10 23:39

言わずと知れたパトレイバー!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文庫版でさえ、もはや入手が困難になりつつあるパトレイバー。この往年の名作を買わずして、ゆうきまさみは語れない。出渕裕も語れない。もちろん押井守だって…て、言い過ぎか。『パトレイバー』がロボットマンガの域を越え、マンガ界に様々な新しい波を及ぼしたことは言うまでもない。今や伝説になりつつある劇場版やOVA作品の数々、その原点がここにある!マンガを愛する御仁なら、ぜひとも全巻『フィルムコート』して購入すべし!完全保存版として、末永く書棚に飾ろうではないか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本岳 3 (ビッグコミックス)

2008/10/10 23:04

山が舞台だからこその生と死のリアリティー

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山を通じて織り成す人間ドラマ。これまで人間の生と死をリアルに描けるマンガは医療マンガばかりだった気がする。でも『岳』がそんなマンガ界に楔を打ち込んだ!作者の山を愛する気持ちが臨場感たっぷりに伝わってくる。決して綺麗事だけは済まさない『岳』のストーリーが訴える生と死のドラマは胸に迫るものがあり、自分の日常の生き方を考えさせられる。1話完結の読み切りなのも、読みやすいのではないか。山に興味のない方でも、ぜひ手にとって読んでほしい。主人公・三歩との出会いが、きっと優しい気持ちにしてくれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本僕たちのミシシッピ・リバー

2008/10/12 22:55

珠玉の短編集

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

重松清の珠玉の短編集。読めば“ちょっぴり切なく、ほっこり心が温まる”
そんなお話が詰まっています。それにしても重松清は日常を切り取るポイントセンスが抜群ですね。
 ドラマチックな展開が用意されているわけではなく、誰にでも起こりうる状況にちょっぴりスパイスを効かせているだけなのに、その味わいの深くなること…スパイスのチョイス、分量の見極め、やはり一流ではないでしょうか?重松清は料理人になったとしてもきっと一流になれるのでは?(特にカレー屋をやらせたら…)
 思春期の子たちに読んでほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

就職する前に必読!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『ドラゴン桜』の就活バージョン。持ち前の説得力は健在です。これ読んで就活に臨めば、きっとうまくいくのではないでしょうか?仕事に自分が何を求め、どうしていきたいのか?いろいろと考えるきっかけも与えてくれそうです。「あー、自分が就職するときにこんなマンガに出逢えていればなぁ…」と嘆きました。それくらい就活を控えた人には内容の濃いものになっていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

MINIフリーク必見!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

MINI CLUBMANの特集号。私自身MINI CLUBMANを愛車に持つので、飛びつくようにして購入。まだまだ日本では馴染みの少ない車種でお目にかかることも少ないが、付録DVDの『ウェールズ紀行』は一見の価値あり。日本国内にも素晴らしき景色・景観を堪能させる土地は数多あれど、石の文化が歴史を刻むウェールズの景色・景観は日本では絶対にお目にかかれない。こんな土地をMINIでドライブできたらどんなに幸せなことか...MINIフリークならば、誰しもうっとりしてまうのではなかろうか。
車種紹介も細かい情報がきちんと掲載されている。情報の少ない車種だけに、購入を検討している方や興味を持っている方には十分対応できる充実の内容である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

バカバカしいのに、面白い!サラリーマン4コマ漫画の傑作。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サラリーマンの日常を題材にした4コマ漫画の傑作だ!!、バカバカしさの中に風刺が効いていて、絶対に実在しないだろう強烈なキャラクターたちが織りなすサラリーマン物語は壮大で秀逸だ。ナンセンスなギャグばかりかと思いきや、サラリーマンの日常を鋭く切り取った“誰もが吹き出す共通性”なギャグも多い。山科氏は、まさしくサラリーマン4コマ漫画の天才である。おしむらくは出版社の都合で初期作品が現在のところ“品切れ”となっていることだ。重版され一人でも多くの企業戦士に愛読されることを願う。読めば朗らか、心のコリがほぐされることうけあい。『C級サラリーマン』を読んでいるサラリーマンに悪いヤツはいないのだ!仕事ができるかどうかは知らないけれど...

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本第三の時効

2008/10/10 23:11

横山秀夫の最高傑作!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白い!!その一言に尽きる!!横山作品は軒並みハズレがなくどれも面白いが、この作品は現時点で最高傑作ではないかと思う。登場するキャラクターのその作り込みにはただただ感心させられ、唸らされる。目の前に“宝物”があるといっても過言ではない。こんな素晴らしい作品が文庫で身近に携帯できる喜びを噛みしめつつ、横山ワールドを満喫しよう!ミステリーが好きな方はもちろん、ちょっと苦手…という方も、短編集で読みやすく一気に読破してしまうハズ…この至高の面白さに感謝!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

相変わらずの説得力炸裂!読めば、もう転職には失敗しない?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『ドラゴン桜』が大学受験生用マンガならば、こちらは転職社会人用マンガである。転職を考えている人にはぜひともオススメしたマンガだ。相変わらずの説得力で、なんだかすべて「なるほど!」「その通り!」と思わされてしまうのがこの漫画のスゴイところ。転職前にふと考えるきっかけを与えてくれるのは間違いないだろう。このマンガの中に盛り込まれた内容は経済知識ネタの宝庫!マンガで気になったキーワードを自分で紐解いていけば、より専門知識が吸収できるはず。転職業界や経済を知るのにも教科書まではいかなくても、よいガイドになるのではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あだち充、珠玉の短編集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

世の中に読み切り漫画は数あれど、読後のこの爽快感はやっぱり「あだち充」なのである。「タッチ」をはじめ代表作を挙げるのに頭を悩ます数少ないマンガ家のひとりだが、だからこそ連載モノでは感じられない短編ならではの「ふと思い浮かんだ描きたいこと」への作者の息吹きが伝わってくる。ユーモアのセンスとストーリーは「さすが!」の一言で、作者自身が気負うことなく気持ちよく描いているのではないかなぁと感じさせる。そんな一見ワガママな作品ではなかろうか。こういう短編集を出版社や編集者に通しちゃうんだからやはり大御所ですな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

度胸星 1

2008/10/12 20:48

宇宙飛行士を訓練生を描いた未完の名作!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山田芳裕ワールド炸裂のSF大作です。『2001年宇宙の旅』の“モノリス”を彷彿とさせる謎の物体『テセラック』。火星探査の途中、“テセラック”により未曾有の危機に晒される宇宙飛行士スチュアート。彼を救助するために主人公・度胸が宇宙飛行士になるべく訓練に挑む!
キャラクターの面白さは、さすが山田芳裕!過酷な訓練故に様々な葛藤が登場人物たちに生じます。その心の機微を丁寧に描きつつ、大胆なキャラクター構成であっという間に作品に引き込まれてしまいました。
果たして“テセラック”とは何なのか?哲学的な側面も見せる本作品を山田芳裕がどう描き切るのか今後に期待大です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20 件中 1 件~ 15 件を表示