サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 横浜スワンさんのレビュー一覧

横浜スワンさんのレビュー一覧

投稿者:横浜スワン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本呪眼連鎖

2008/12/12 00:26

ミステリーの賞なのにホラー?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作家志望なので新人賞受賞作はなるべくチェックしています。
読売新聞の宣伝を見て購入を決意しました。

本作は『このミステリーがすごい!大賞』の優秀賞を受賞したサスペンス・ホラーという一風変わった作品であり、巻末の選評では『コントロールが無茶苦茶、でも剛速球のピッチャー』などと評価されていました。

くせのある文ですが、話の筋自体が面白く、なかなかに読ませます。三日もかかりませんでした。

現代の刑務所で発生した怪奇現象。鎖塚。瞳に浮かぶダルマ型の影――呪いは次第に拡大し、やがてひとつの街を破滅に導いていきます。いったい、呪いの正体は何なのか? どうすれば助かるのか――現代編はいわゆるパニック小説です。

いっぽう、選評で絶賛されていた過去編は開拓時代の北海道を描いております。淡々とした文章で鮮やかに描かれていく悲劇。北海道旅行には何度も訪れたことがあったのですが、こんな黒歴史があったとは知りませんでした。現代編で起こっている事件とどういった関係があるのだろうか? と想像をふくらませながら読んでいくと、更にどんでん返しが待っていました。

ミステリーとは違うと思いますが、なかなかに楽しませて頂きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示