サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 菜摘さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

菜摘さんのレビュー一覧

投稿者:菜摘

28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本告白

2008/12/21 13:42

今日の教育とは成功者を作り出すことだけに終始していないか?

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

衝撃作である。小説であってもやりすぎだろうか?いや、何よりも恐ろしいものは人の「悪意」であり、それが引き起こす事件とは本当に想像がつかないものなのだ。

第一章の「聖職者」のみで独立した物語だが、あえてその続きを連作短編集としたチャレンジに注目である。ここまで完成されている作品に続編を書くとほとんどが蛇足で終わってしまうはずなのに、本作がそうはならないのは切り口の上手さとその展開の巧みさだ。各章で語り手をそれぞれ異なる立場の者に置き換え、更に大ドンデンと言える展開を用意している。この大ドンデンの凄さはもう既に薬丸岳クラスの上、社会現象への関心の高さは桐野夏生クラスと言えるのでは。難しい少年事件を題材にし当事者である少年の心の闇を少年の立場から描くことに見事に成功した。

【成功】と【失敗】この言葉も多く出てくる。現代社会は【成功すること】だけが本当に求められているのだろうか?教育とは、成功者を多く作り出し失敗作の子ども達を排除すること、なのだろうか?学校そして家庭という子どもを育てはぐくむ場に身を置く者として、厳しい警鐘と感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

プログラム作成の強い味方

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

季刊誌 『この本読んで!』 のおはなし会プログラムを一挙にまとめたお得な一冊です。季節ごとに乳幼児から小学校低・中・高学年ごと、中高生、シニアまで対象ごとに細かく分けられたおはなし会のプログラムは非常に参考になります。全編カラーで表紙画像が付いているのもとても分かりやすいです。

テーマに沿った絵本やおはなしを組み合わせたいといつも考えていても、なかなかすぐに決まりません。おはなし会が終わった後になって 『あっあんな本もあった…』 と気づくこともしばしば。また魅力的な絵本でも実際に読み聞かせをしてみるとそうでもなかったり、逆にそれほど期待していなかった本に子ども達はとても喜んでくれたり。まだまだプログラム作りはこれ!というのはなく、日々勉強です。

今はどの解説書にも 【読み聞かせの基礎】 という情報が載っていて本当に親切ですね。絵本の開き方、めくり方、持ち方に始まり、読む速度や声音を使い分けるか否か、などなど。こうした情報を本ごとに確認するのもいい勉強になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本春になったら莓を摘みに

2009/02/15 13:54

梨木文学の根底に流れる異邦人感覚

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

梨木氏の文学の根底に流れる異邦人感覚、とも言うべき感覚、『本当の故郷』 とは特定の場所ではなく、自分の心が故郷だと感じることができるところなのだ、ということを教えてくれる1冊です。

英、米、カナダと巡る梨木氏自身が 『異邦人』 として感じ見聞したことを率直に書き綴っています。1つの章で場面があちこちに飛ぶことが多いにも関わらず不思議と飛んでいる感じがしないのは、梨木氏の中では全てが一連の出来事、想いであり、それが文章として的確に表現できているからなのです。

正直梨木氏の文学、特に児童文学と呼ばれる分野の作品は読み始めはやや難解な感があるものもありますが、このエッセイは最初から最後まですんなり読むことができました。そして久しぶりにしばらく経ったらまた読み返したい1冊になるだろうと感じました。

『子ども部屋』 の章で。
>私にとっては同じ風が吹いているところがいつも子ども部屋であり、そこがふるさとなのだ。
全くその通りで『風が吹くところ』 心が感じるところが自分の故郷だと言う梨木氏。私も梨木氏のように心のまま、感じたままに生きたいと思うのです。

最も多く登場する古い友人、ウェスト夫人のことを 『受容する人』 と絶賛していますが、梨木氏自身も訪れる先々で多くの人と出会い、触れ合い、心を通わせ感じることができる人であることから、彼女自身も同様に気配りのある人なのだろうと感じました。

梨木香歩ファンは必読、更に英米カナダとその文学が好きな方にもオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本八日目の蟬

2009/02/15 13:33

子どもには朝ごはんを食べさせましょう

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

0章、1章、2章という組立てがいい。0章、1章は誘拐犯である希和子の一人称なのでここだけ読んでいると希和子に感情移入してしまいつい応援してしまう。だがこの小説のすごいところは2章だ。

2章では誘拐され4年後に実の親の元に帰された恵理菜の『誘拐され誘拐犯に育てられた子』 としての苦労がまざまざと書き綴られており気が滅入りそうになる。しかし恵理菜がだんだんと事件のことを振り返っていくと同時に読者も事件の真相を知ることとなるのだ。

いったい誰が悪いのか。恵理菜の父である秋山も、母である秋山の妻も、そして希和子もみな愚かな大人だ。間違いなくその犠牲になったのは恵理菜。ただ3人の愚かな大人達は本当に 『愚かなだけ』、つまり幸せを掴む力が弱かっただけなのだ、それが『愚か』ということなのだろうか?

両親のことも、赤ちゃんの頃誘拐された子どもという自分の運命も、すべて諦めて恵理菜は大学生になっている。そして自分も愚かな大人と同じように愚かな大人と不倫の関係にある。その中で恵理菜は自分自身を見つけようともがき始める。

きっかけはエンジェルホームで出会った千草。このエンジェルホームという設定も上手い。宗教色の濃い団体の共同生活を送るためのこのホームならば、確かに誘拐した子どもを連れた希和子が何年も身を潜めることができたというのも納得できる。そのホームでの出会いが希和子と薫を小豆島へ誘い、描かれる小豆島の人々の優しさと美しい自然がこれまたいい。

設定、場面展開、実によく練りこまれた完全な小説だが、その上で琴線に響くシーンがこれまたいい。希和子と薫が別れる時の一言が、ぐあーん。と来る。

母として…子どもには朝ごはんを食べさせましょう。じゃなくて人は愛すべき、守るべき者があれば生きていけるのだと、その守るべき者のために生きるのだと強く訴えてくる小説。角田氏はやはりテーマ【家族】が上手い。必読。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本玉蘭

2011/02/04 16:17

東京戦争という名の戦い

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『玉蘭』 は私の一番好きな桐野作品です。

桐野夏生は社会事件を題材とした作品を数多く発表していますが、本作はそうした社会派作品ともハードボイルド作品とも一風違った趣の作品です。単行本のあとがきには主人公有子は海外でのキャリアを積むことに疲れ帰国し始めた多くのキャリア女性をモデルにした、とありますが、こうした時代背景とは別に本作は全体を流れる雰囲気が叙情的な部分が非常に気に入っています。

有子は一流大学出のキャリア編集職ですが、外科医の恋人松村との離別を機に上海へ留学します。その地でも狭い日本人留学生社会で苦悩する有子。複雑で繊細な性格故に東京での生活に疲れ、新天地とした上海での生活にも疲れる有子。そこで思うのは別れた恋人である松村のこと。そんな有子の前に現れる大叔父の幽霊との関わりが、作品全体を不思議な雰囲気で包んでいます。

複雑な有子の気持ちが痛々しいほどによく分かり、辛いです。愛はそこにあったのに自分から愛を捨ててきた有子。でもあったと思ったは間違いだったのかもしれない。同じく別れてからも有子を思う松村。2人の確執が【東京戦争】という表現で描かれています。東京での出来事はすべて有子にとっては戦争だった、仕事も恋愛もすべて。その戦争に負けたのだと有子は思っており、戦争だと思わせてしまったのは自分だと松村は悔いているのです。

私が好きな歌で【東京砂漠】がありますが、まさに東京は砂漠のような厳しい土地なのかもしれません。東京でそれぞれの生活を戦い続ける友人達に、オススメしたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本まゆとおに

2009/02/15 14:11

大根汁とゴマや山菜の入ったおにぎりの、なんと美味しそうなこと!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

児童文学作家の富安陽子と画家 降矢ななのコンビが贈る、やまんばとその娘まゆのお話。

まゆはやまんばの娘。このやまんば母さんもなかなか素敵です。頭をきゅっとお団子にひっつめて背が高くて力持ち。最初のページで母さんとまゆは大根汁を作るために山のような大根を軽々と持ち上げて大鍋に入れようとしています。

その後まゆは遊びにでかけ鬼に会います。初めて鬼に会ったまゆ、大きなおじさんだと思いますがちっとも怖がりません。何といっても降矢ななの挿画が素晴らしい。まゆは真っ赤な髪の可愛い女の子で『めっきらもっきらどおんどん』のしっかかもっかかを思い出します。そして対する鬼がきちんと怖く描かれている点。鬼は怖いものですからね、それをちゃんと怖く描いているところがいいです。

鬼はまゆを食べようと住処へ連れ帰り、大鍋にお湯を沸かすのですが、その際手伝いをするというまゆの馬鹿力に驚くばかり。最後にまゆを煮ようとした大鍋に『お先にどうぞ』とまゆに入れられ、大やけどをして大騒ぎ。まゆは鬼を担いで(これまた馬鹿力)やまんば母さんの元へ連れ帰ります。

鬼は『やれやれ、やまんばの娘だったのか…』と納得するやら感心するやら。そしてやけどの薬を塗ってもらい、母さんの作った大根汁とおにぎりをごちそうになるのですが…
この 大根汁とゴマや山菜の入ったおにぎりの美味しそうなこと!

絵本には多くの食べ物やお菓子が出てきますが、これまでこの大根汁とおにぎりほど、『食べたい!』と思ったものはありません。この最後のページには釘付け!ああ食べに行きたい…。

おにぎりをほおばるまゆ達の横で、のんびり煙管をふかすやまんば母さんもカッコイイです。

続巻もオススメです、こどものともで発表される新作もいつも楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アボカド・ベイビー

2011/02/04 16:35

アボカドってどういうもの?というお子さんに

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

バーニンガムの絵本ではピカイチです。バーニンガムの絵本には良書が多いですがやや難解なものも多い中、これは大変分かりやすい内容です。

何も食べなかった赤ちゃんが、突然アボカドを食べてもりもり元気になってしまうお話。最初はイスのベルトをちぎったりベッドの柵を持ち上げたり、だったのにだんだんとおかあさんの買い物の荷物を持ったり植木鉢を運んだり、そしてテーブルやピアノを運んだりエンストした車を押したり!エスカレートしていきます。

何と言っても圧巻なのは泥棒を追い返すシーン。5回位読んでもそこで笑ってしまいました。今はもう笑わずに読めますので読み聞かせもOKです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本気分はもう、裁判長

2011/02/04 16:28

今日から私も傍聴マニア

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

トロさんが傍聴マニアというのは以前からよく聞いてましたが、最初に書かれた傍聴本であるこちらが中高生向けにだったとは、読むまで知りませんでした。傍聴マニア、というのも世間が勝手にそう呼んでいるのであってトロさんご自身はそう思われていないとか。そうですよね、誰だって自分の生活がマニアとは思ってません。ただ傍聴マニアと言われてもそれで世間に納得されるならいいか、と思い特に訂正はされないとか、さすが大人な対応だわ。

傍聴の正しい姿勢について分かりやすく教えてくれます。章立てで様々な種類の裁判があるのも分かりやすいです。

Q:なぜ傍聴という制度があるのか?
A:傍聴により裁判が密室で行われないよう、監視する。裁判に関わる検察、弁護人、そして裁判官が裁判に対して手ヌキしないよう、抑制力となる。

すごく分かりやすかったです。理論社のよりみちパン!セ シリーズは以前から学校図書館関係者の間でいい、と聞いていたのでこれを皮切りにどんどん読んで行きたいと思っています。
この本は中高生だけではもったいないです、大人の方もぜひどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本雷の季節の終わりに

2009/02/15 14:33

巨大なボウルの上にある私達の世界

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず出だしがいい。
>私の知る限り、穏は一般の書物にはその名を記されていないし、地図にも載っていない。
異世界である穏。果たしてどんな地なのか?読者の想像を膨らませ、やがて雷季と呼ばれる季節の秘密を知ることとなる。

狭い共同体で子どもがその庇護を受けずに生き抜くことは難しい。賢也はそのことを本能で知りながらも、いなくなったたった1人の肉親である姉を捜し求め、やがて穏の秘密にも触れていこうとする。単なる好奇心からか、それとも賢也自身の持つ特別な『能力』のためか。

その素直さゆえに闇番は賢也に穏の秘密を教え、やがて穏を追われる身となる賢也の命を助けようとする。始めは賢也を疎ましいと思っていた闇番の心の移り変わりゆく様も、穏を出た賢也が始めて目にする外の世界も、何もかもが賢也と同じく新鮮だ。穏を異世界、異次元の世界として描きながらその位置付けをハッキリさせている本作は破綻がなく素晴らしい。

一人称が賢也から茜、そしてトバムネキと章により変わるのも、全て『風わいわい』を介していることから自然の流れでありとても分かりやすい。『風わいわい』の存在が物語では大きな核であり、全ての事象、世界の成り立ちまでを理解させてくれる存在となっている。
その世界観の描き方も秀逸。現実社会は穏のある異次元から見ると巨大なボウルの上に浮いているように見える、そこへの入り口は日本の場合は神社の鳥居だった。振り返っても鳥居の向こう側に異次元はもう見えない。

何より今回も作品全体に流れる民俗的色合いが心地よい作品だった。意味不明な妖怪物ではなく、私達の生活のすぐ隣にこうした森羅万象が存在していることを気付かせてくれる、そんな作品だと思う。

読んでいて心地よい。そんな作品にこれからも出会いたい、そう強く思わせてくれるのが恒川作品でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本寺山修司詩集

2009/02/15 14:22

マイファースト寺山修司

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前衛演出家だとか天井桟敷だとか、そのイメージばかり先走りして妖しげなイメージしかなかった寺山修司。ある時中学校の先生が『割と詩とか短歌はいいものがあって中学生にも勧めているのよ』と言うのを聞き、中学生が読んでも大丈夫なのかなるほど…などと思いふと手に取ってみたところ。

素晴らしい。の一言です。特に『少女詩集』が一番好きです。本当に寺山修司という人の感覚は時に大人の男であったり、時に少女のようであったりしたのでしょう。そう感じさせる詩集でした。

私が特に好きな詩は『もしも住む家がなかったら』と『ひとり』です。恐ろしく感銘を受けた私はこの詩集を買ったばかりの頃は毎晩寝る前に上記の2篇の詩を朗読し続けていたら、ある晩息子に『もうテラヤマシュウジはいいからっ』と怒られてしまいました…。感性豊かな少年に育って欲しいという母の願いは叶うのでしょうか。

このハルキ文庫の寺山修司詩集は非常にお買い得でオススメです。貴方の一冊目の寺山修司としていかがでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新世界より 上

2008/12/21 13:54

人類の英知である「知識」と「教育」が支配する近未来がここにある

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2008年出版では最高の作品、破綻なく1000年後の未来を描き切っており秀逸。呪力と呼ばれる念動波の能力を「全ての」人類が持つ時代という設定も、そうした超常の能力を「全ての」 人が有するが故に生じる様々な問題も、見事に描ききっている。

【教育】と【知識】これが今後の世界で最も重要視されるだろうという著者の意見に強く賛成である。そして同時にこれらはもろ刃の剣であるという展開にも。人間の奴隷であるバケネズミの存在、バケネズミと人間の関係、人類のコミュニティのあり様、そしてコミュニティに【教育】されている子ども達が新しい【知識】に出会う展開。破綻なき設定と展開で物語が進む。

タイトルにある 「新世界より」ドヴォルザークの「家路」がまた、物語全体を盛り立てている。現在のコミュニティまでの成り立ちまでの背景を知り、未曾有の危機を脱しコミュニティの責任者となった早季ですら、コミュニティを守るためまた同じ道を辿ろうとしているラストが身に沁みる。人類が進むべき【正しい道】はどこにあるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本好奇心の部屋デロール

2011/02/04 16:56

現代のヴァンダーカマー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初めてこの本に出会ったとき、博物館学の授業で習ったヴァンダーカマーだ!と感動しました。

現存する本物のヴァンダーカマー、デロール。剥製や標本だらけでちょっと(かなり?)怖いかもしれませんが…夜中に動いているかも?
かつてはデロールで販売していた多くの剥製は、現在では剥製を作成できない動物もあるため、販売ではなくレンタルが主となっているそうです。

一度は行ってみたいデロール。こういうお店が存在し今も営業し続けていることが素晴らしいですね、パリへお出かけの際はぜひ。

写真家 今森氏の写真と温かい本文も素晴らしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本トマトさん

2011/02/04 16:32

夏のおはなし会の定番

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

夏の定番絵本。トマトさんが川へ行きたいのだけれど自分では動けない、と言って大粒の涙を流すようすがたまらなく、いいです。この表紙のビッグな表情もいい!

最近の絵本はストーリー性を重視したものや、細かい描写にこだわったものが多く見られます。もちろん子どもと大人が1対1で読んでやる時や、絵本好きの大人の方には適しているものも多いけれど、そういった絵本は複数人に向けて行うおはなし会では向かないのは事実です。おはなし会に向いている絵本を的確に判断し、それを子ども達に提供していく、おはなし会を運営する私達大人の大切な使命です。

…という小難しい理屈は抜きにして楽しめる絵本。それが実はおはなし会に一番適した本でもあった、ということではないでしょうか。

田中清代さんの絵本に今度とも期待です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本水の眠り灰の夢

2011/02/04 16:12

携帯のない時代

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

雑誌【東京人】の特集 『本は何でも知っている』 によると本作は 『50年代生まれの桐野氏がオリンピック前夜の東京の様子をここまでよく取材して書いたなと感嘆した作品』 とありました。

以前より、村野ミロの義父 村善があんまりあっさり死んでしまったため、その人物像がイマイチ分からなかったので本作を読まなくては、と思っていました。雑誌を見た後に即、本屋へ走りました(皆様はbk1でご注文ください)。

かつて週刊誌は 【トップ屋】 と言われた専属の外注記者集団が書いていた時代があったそうです。トップ屋に対し新聞記者を 【ブン屋】 と言いますが、どちらも今や死語かも。トップ屋 村善は仕事に誇りとやりがいを持ちながらも、時代の流れがかつての仲間達に亀裂をもたらしつつあることに苦悩します。後にミロの母となる早重との出会いももちろん本作のポイントではあるのですが、むしろトップ屋としての村善の生活が詳細に描かれている点が魅力の本作です。
東京人の記事にあった通り、綿密な取材が破綻のない作品作りに大きく影響しています。

それにしても昔はよかった。待ち合わせは時間と場所をハッキリと決める、遅れても携帯はない。ひたすら待つ、それが愛の形(?)。物語の最後で村善と早重は偶然本屋で再会します。引越してないのか、と問う村善に早重が答えた一言。ぜひ読んでいただきたいです。

携帯のない時代に、戻りたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2009/02/15 14:04

現代を映す鏡としての夜市

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

恒川光太郎のデビュー作。民俗学的色合いがどちらの作品も非常に濃く、氏は民俗学専攻か非常に造詣が深いと思われます。

■ 夜市
そぎ落とした文章で一切のムダがない。それが主人公 祐司の心情を一層孤独に際立たせている。

祐司の同級生いずみが、祐司に夜市に連れて来られた理由を知り愕然とするシーンも見事であるし、『踏み入れたら最後、何かの取引をしなくては決して抜け出せない』 という夜市の設定も見事。

今、世の中には様々な複雑な事情を抱えた人が多く生活している。引きこもり、ホームレスなど、その中には自ら進んでその生活を選んだ人もいれば記憶を失ったり更に複雑な事情を抱えた人もいると思う。そうした人々に焦点を当てて書いた作品として本作を捉えることもできる、夜市は現代を映す鏡のような存在だとも言えるだろう。

でもこの作品は、昔もそしてこれからも変わらない夜市の存在とその意義を、十分に堪能したい作品である。ホラー大賞の選評では一様に展開の巧みさを褒めているが、それよりも私は 『夜市』 の存在そのものの考え方が素晴らしいと思う。

■ 風の古道
こちらも同じく古道の設定が確立している。古道に属するモノは決して外の世界に持ち出すことができない、という大原則。そして魑魅魍魎だけが行き交う古道に、なぜか自由に出入りすることができる外の世界の住民である人間がいる。彼らの多くは人格異常者で自分の殺人の記録を名誉として持ち歩いている危険な男が出てくる。

現代にはびこる、心に闇の部分を多く持つ人間をこうした古道に出入りする人間として描いたことで、理解しがたい人の心の闇に迫ろうとしたのではないだろうか。

主人公はふとしたことから古道へまぎれこむ。彼の旅路を手伝ってくれるのは古道で生まれ育ったという青年。彼自身の存在が古道の中にも人情があることを教えてくれる。

食うか食われるかの世界にも人情はあるのだ。そしてどんなに願っても叶えられないこともあるのだ。だからこそ古道の外で人は、一生懸命生きるのだろう。

この一冊ですっかり恒川作品のとりこです。ヤングアダルト世代にもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

28 件中 1 件~ 15 件を表示