サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みちこfanさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

みちこfanさんのレビュー一覧

投稿者:みちこfan

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本こころの座標軸

2009/01/23 21:31

犬養道子という人は・・・

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こころの座標軸 について

この著者の書く書物にはいつも一定の感情を覚えます。

まず、必ず高みから物を言う癖 又、高飛車な物言い その時々によって微妙に表現は違いますが、結局は自惚れの塊のような物を感じます。
(例:「~ではないかしら。」文脈上いつも不自然な位置で書くのでそう
とわかる。本書ではないが、「~してみるがよい。 考えてもみよ。」など)

次に、自分の語学に対する自惚れが、他者へのキツい批判に通じている
ケースが多く、まるで「あんたは何ヶ国語の言葉を、原書解釈のレベル
まで勉強したの?」と言いたくなります。
(例:アダムという言葉に対し「なぜヘブライ語の本来の意味を調べてみ
なかったのか」或いは 「~は、ギリシャ語では、~は、ラテン語では」 
とまるで出羽の守のように)
著者の(無意識に主張する)精通している言語は、少なくともヘブライ語、
ラテン語、ギリシャ語、フランス語、ドイツ語、それに英語 と、
これらの言語全てで聖書の原典を読み通したかのような印象を受けます。
その割に日本語に弱く、さらに自分勝手な漢字や表現、表記を使ったり、
句読点が滅茶苦茶だったり、更に、日本の歴史にも弱いようで、「外国生
活が長いから仕方ないか」という諦めも感じさせます。

で、この本の書評ですが、確かに良いことを書いてある部分も多いのですが、そのことすら他人から仕入れた情報かな?と思わせたり、難民支援活動を20年に亘ってやっている旨を記しているところでは、「そのうち延べ何日難民キャンプに居たの」とか、「危険地帯にどれくらい滞在して活動したの? まさか、国連の関連(緒方貞子氏筋)で手厚い庇護の元でスポット
的に参加したんではないでしょうね。」と思わせたりします。一言で言うと、現地での「生活感」が、文面からはまるで感じられないのです。
参加するときはいつも「旅行者気分」というものを逆に感じます。
従って、主張が実体験でなく借り物に思えるのです。
その分、立派なことを述べられていることに白々しさを感じ、評価が低くなってしまいます。(★2つは、1つに近い2つです。)

物を書くときの構成力も弱いようで、例えば「理由は3つ有ります」と書きながら、2つで終わってしまったり、一方で他者の意見を非難しておきながら、他方で非難したのと同じ主張を自分の意見のように書いたり、とまるで、思いつくままに書き殴っただけといったイメージです。ひとまとまりの中に一貫性が無いようです。記憶力が余りヨロシクないのでしょうか。

この著者の本を読むときは或る意味集中できません。色々なことが雑念で入ってきますので。(またこんなことを書いている・・・という思いで。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示