サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 飯倉明雄さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

飯倉明雄さんのレビュー一覧

投稿者:飯倉明雄

1 件中 1 件~ 1 件を表示

欠けてるもの

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 クロニクル千の闇の第一巻である本書は紀元前4000年の設定になっている、それはキリスト教以前の北欧アニミズムの世界と想定していいだろう。作者も下調べでフィンランドに行ったようだし、しかし私はなぜ最初読んだとき、カナダやカムチャツカというイメージが湧かなかったのだろう。1つには地図の海が西側にある事、もう1つはロバートハワードのコナンシリーズを呼んだ時の先入観で欧米の作家が紀元前のファンタジーを書くときはヨーロッパの地勢を前提にするという根拠のない思い込みの為だ。ちなみに第二巻の巻末「作者の言葉」にヨーロッパ北西部とある。
 精霊やシャーマンが登場するが当時の人類は死者の魂や精霊を身近に感じて生きていたのだろう。
 このシリーズの二巻を読んで作者はものがたりの構成を上手くできてないと思った。二巻の巻頭では状況は深刻なのだが、この巻で倒されるべき敵が倒されてしまうと問題があっさり解決してしまい、竜頭蛇尾という印象で失望してしまった。
 こういう小説はストーリーよりも作品世界から漂う詩情を楽しむものだが、詩情があるのかというと、いまいちである。トラクの置かれる状況は常にヒロイックなのだが何故だろう。作者には登場人物みたいな精霊・詩神が降りてこなかったのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示