サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. にゃーるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

にゃーるさんのレビュー一覧

投稿者:にゃーる

4 件中 1 件~ 4 件を表示

科学を好きになるミステリィ

15人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

(1)読もうとしたきっかけ
  大学に入学した頃、通学時間が往復5時間と長時間であったため読書時間にしよう思った。
  どんな本がいいだろうかと考えていたとき、大学の同学部同学科の友人がこの本の作者である「森博嗣」さんを薦めてくれた。
  「森博嗣」さんの作品は多くがシリーズということだったので、まずシリーズ1作目(実は4作目?)の本書を読むに至った。

(2)内容
  主人公:N大助教授・犀川創平(さいかわそうへい)
      女子学生・西之園萌絵(にしのそのもえ)
  主人公らが偶然訪れた島にある研究所で天才工学博士が殺害される。
  完全隔離された部屋での殺人――密室殺人であったこと、また、
  殺害現場のパソコンのディスプレイには「すべてがFになる」というメッセージが残されていたことから、謎は深まる。
  犯人・密室トリックを推理していくストーリー。

(3)登場人物
   ・犀川先生、萌絵共に強烈的個性のある人物。
     物理、数学の知識量が多い先生に、暗記・計算に強い萌絵。
     科学要素が強く出ている人物だけに、ストーリー展開も常に科学と隣り合わせ。
     あまり深く考えすぎるとこっちの頭がパンクしてしまうので、「ああこういうものなんだな」と適当に流すことも必要。
     とにかく天才的な2人が主人公ということで、非現実的でおもしろい。
   ・同じ科学人間でも、先生と萌絵は真逆の性格をしている。
     おっとり?まったり?ゆっくり?している印象を受ける先生と積極的に事件に関わろうとする萌絵。
     真逆の2人の会話だからこそ面白みがあるのかもしれない。
  
(4)本書を読み終えたら…
  森博嗣さんの推理小説は大体ほとんど“理系ミステリィ”と称される。
  実際、本書でも理系用語はモリモリ出てきた。
  先生と萌絵の会話も理系ならではの観点が多く、読んでいて大変面白く、興味深い。
  先生と萌絵が主人公のシリーズはS&Mシリーズとして全10冊ある。
  全て読んだが、やはり本書を読み終えたときの感動は一番大きかったと思う。
  ただ、シリーズを通しての面白さも十分あるため、シリーズ全巻をオススメしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キスまでの距離

2009/06/08 18:53

シリーズで読みたい恋愛小説

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

(1)読もうとしたきっかけ
  高校受験で国語の問題に本書の著者「村山由佳」さんの作品「天使の卵」が使用された。
  それがきっかけで村山先生の作品を読み漁るようになり、その第一弾に選んだのが本書だった。

(2)内容
  主人公:和泉勝利(いずみかつとし)―高校生
      花村かれん(はなむらかれん)―高校の美術教師
  勝利の父親が単身赴任することと、従姉弟のかれんと丈の両親が海外赴任することが重なり、勝利、かれん、丈は共同生活をすることになる。
  しかもかれんは勝利の通う高校の美術教師だった。
  勝利とかれんの秘密の恋の始まりを描く。

(3)感想―というかトキメキポイント―
  1.呼び方
   勝利のことを「ショーリ」と呼ぶのは勝利の亡き母とかれんだけである。つまり現在はかれんしか呼ばない。
   そのことを勝利が一番意識していて、そういう記述を読むたびに萌え転がる。たまらん。
  2.共同生活
   2人っきりの生活ではない。あくまでも丈も一緒に生活。
   だけど丈は邪魔なわけでは決してなくて、勝利をフォローしたりハッパをかけたりする役割。
   勝利と丈の関係も本シリーズには不可欠な要素。
  3.勝利の心情
   本シリーズの内容は大部分を勝利の語りであったり心情であったりで構成されている。
   「言葉には出さないけど、実は本心じゃこんなことを思っているんです」という男心に共感できる男性も少なくないのでは?
   心の中で悶々してる男性が主人公の小説が好きな人にオススメ。
  
(4)題名について
  「おいしいコーヒーの入れ方」はシリーズ名。
  勝利がバイトしてる喫茶店のマスターの入れるコーヒーがおいしく、かれんはそのコーヒーを大変気に入っている。
  マスターの入れるコーヒーと同じくらいおいしいコーヒーを入れられるなら付き合ってもいいんじゃないか?というマスターの言葉により、本シリーズのシリーズ名は「おいしいコーヒーの入れ方」となっている。
  読めば納得のタイトル。

(5)本書を読み終えたら…
  おいコーシリーズをとにかく読み進めてもらいたい。
  勝利たち登場人物の年齢も、考え方も、もちろん恋も、すべてが成長していくので、勝利たちと一緒に読者も成長できる気がする。
  恋や生き方の参考になるような、心に響く言葉も多く掲載されているので、ある種バイブル的なものになるかもしれない。
  目次が洋楽の曲名になっており、曲の雰囲気や歌詞とシンクロする内容になっているため、イメージを膨らませたい人や洋楽好きな人はコンピレーションアルバムを購入して聴いてみるとよい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本三姉妹探偵団 1

2009/06/08 19:03

キャラクター先行型推理小説

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

(1)読もうとしたきっかけ
  本書著者の赤川次郎さんの作品「三毛猫ホームズシリーズ」が好きで、赤川作品に嵌る。
  三姉妹探偵団もシリーズで人気がありそうだったので、試しに読んでみた。

(2)内容
  主人公:長女・綾子――大学生、おっとりしていて気が弱い、どこか抜けている
      次女・夕里子―高校生、長女よりも長女らしい次女、しっかり者、好奇心旺盛
      三女・珠美――中学生、金にうるさい
  佐々本家の三姉妹が事件に巻き込まれ(首を突っ込み?)、事件解決へ向かうというオーソドックスな形式の推理小説。
  シリーズの作品、どこから読んでも楽しめるので、特別どの作品を読まないといけない!というわけではない。
  赤川作品の真骨頂である各キャラクターの親しみやすさや全体のバランスがなんともいえず魅力的である。
  「難しいトリックを当てる!といった名探偵もの」や、「現場や被害者の証言を頼りに捜査を!といった刑事もの」といったものではなく、
  あくまでも「三姉妹が日常生活を送る上で出合った事件・首を突っ込んだ事件」についてストーリーが進むので、
  「難しい単語が多いし、頭を使って読むから推理小説は苦手だ…」なんて思ってる人にはもっともオススメできる推理小説。

(3)読書後
  三姉妹探偵団シリーズ赤川作品であるだけに嵌ったら抜け出せなくなってしまう…これは常々思う。
  あまりの読みやすさに、他の著者作品を読むのが難しく思えてしょうがないからだ。
  まだ赤川作品を読んだことない人にも、三姉妹シリーズを読んだことない人にも、オススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本図書館戦争

2009/06/08 18:58

アクション:ラブコメ=8:2

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

(1)読もうとしたきっかけ
  就職活動中、移動に時間がかかりすぎてもったいなかったので、駅にある本屋で平積みされていた図書館戦争シリーズ(全4巻)を大人買いした。
  本屋での平積みは、本当にマジックか何かな気がする…読みたくなるから困る。

(2)内容
  主人公:笠原 郁(かさはら いく)―『熱血バカ』。22歳。防衛部・図書特殊部隊所属。
      堂上 篤(どうじょう あつし)―『怒れるチビ』。27歳。防衛部・図書特殊部隊所属。郁の所属する班の班長。つまり郁の上司。

  -内容1:図書隊の奮闘(アクション)-  
  「メディア良化法」により多くのメディアが検閲・弾圧されている世界。
  検閲には武力行使も伴うという強権さ。
  この検閲から「表現の自由」を守れるのは唯一図書館だけだ。
  図書館は武装し―この組織を図書隊という―本を守るために奮闘する。
  
  -内容2:郁の恋愛(ラブコメ)-
  昔、自分のピンチを救ってくれた“王子様”に憧れて、その“王子様”と同じ職である図書隊員になった郁。
  王子様はここにいるのか?それとも違う男性とラブな展開になるのか?

(3)本書を読み終えたら…
  アクション:ラブコメ=8:2くらい?の本書。
  世界観を理解するまでに時間がかかったが、世界観さえ掴めばあとは読み進めるだけ。
  ラブコメ要素に期待して購入したので、もう少しラブコメが欲しかったな…と。
  ただ、本シリーズでアクション率が高い分、ラブコメ100%の「別冊図書館戦争」という本も出版されている。
  こちらはかなりラブラブなので、全4巻読み終えたあとで読むのがベストだと思う。
  フルコースでいうデザート感覚?のような形。
  デザートのために本シリーズ4巻を読んでみるのもいいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示