サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 八木澤莊一さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

八木澤莊一さんのレビュー一覧

投稿者:八木澤莊一

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アカデミー賞映画「おくりびと」の舞台となった火葬場は、30年以上前に私が設計しました。
それから世界の火葬場をずっと研究しています。
死は誰にでも訪れますから、人間にとっての“終(つい)の空間”として大切な場です。
そう考えると、火葬場の建設に反対していた住民が、自分たちの施設として発想を切り替え、一緒に設計を楽しんだりしています。

この本では、聖なるガンジス川や世界遺産となった北欧の火葬場のような名所をはじめ、チベットの天葬から各国の最新施設まで、さまざまな世界の葬送の風景をたくさんの写真で紹介しています。
なぜ日本で忌避されてしまう施設になったのか。そんな歴史や、現在の施設での計画・設計・運営の実際もまとめました。

じつは火葬場の設計基準はいまだにありません。火葬炉に入る柩を会葬者が見送れない施設さえ、残念ながら存在します。そのようななかで、日本各地の施設の多くが、建て替えの時期を迎えようとしています。死亡者数もしばらくは増加していくでしょう。
こんな背景から、公益の場としての火葬場に注目が集まってきています。


八木澤莊一
(やぎさわ・そういち/火葬研究者、東京電機大学名誉教授、一級建築士)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示